コンプライアンス・不祥事対応・刑事弁護

I2練馬斉藤法律事務所ではコンテンツ事業に関連して、創作を巡って遵守しなければいけない規定の問題や、配信を通じて第三者の知的財産権を侵害しないかの確認などコンプライアンスに関する業務を取り扱っています。

また、何らかの規制、権利侵害が生じてしまった場合の不祥事対応、刑事弁護(知財・インターネット犯罪を含む)などを取り扱っています。

第三者の権利侵害(著作権などの知的財産権侵害などを含む)や、行政法規の遵守など、コンプライアンスの問題について法律相談を受け付けています。

企業、個人事業種が遵守すべき法令や、第三者の権利侵害が生じないように法律事項についてリーガルなアドバイスを提供いたします。

著作権をはじめとする知的財産権法分野、インターネット案件を重視するI2練馬斉藤法律事務所は、特に第三者の著作権などの知的財産権法を侵害しないかの確認やご相談など、知的財産権侵害の予防の問題をご相談いただいています。

また、ウェブサイトなどでの情報発信が、広告規制・各種業法に反しないかなど、ウェブデジタル領域のコンプランス問題を重視しています。

お問い合わせは下記メールフォームなどからご連絡ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

    不祥事の予防(コンプライアンス)法務

    事業が著作権など知的財産権やIT法務、その他諸法令に違反しないか法令を調査いたします。法令の調査検討は、法律相談で口頭やメールで結論を中心にご報告する法律相談業務や、調査・検討結果を対外的にも使用できる詳細な文書で回答する鑑定・意見書作成などの業務があります。

    不祥事対応(著作権などの知的財産権侵害やインターネット事案を含む)

    著作権をはじめとする知的財産権侵害(盗作問題など)など、本来コンプライアンス遵守により避けるべき事態ですが、これが生じてしまった場合の不祥事に対応いたします。

    事態が民事訴訟や、刑事事件に発展しないように早期に示談交渉や調整業務を行い事案の収束を図ります。

    また、民事訴訟や刑事事件に発展した場合は、なるべくダメージが少ないように対応します。

    刑事弁護(知的財産権侵害・サイバー犯罪を含む)

    I2練馬斉藤法律事務所では、知的財産権侵害・サイバー犯罪を含む刑事弁護について、取り扱っています。

    刑事事件は、起訴前弁護から、上告・控訴審、裁判員裁判まで幅広く経験していますので、権利侵害が刑事事件に発展してしまった場合などお気軽にお問い合わせください。

    著作権侵害をはじめとする知的財産権侵害や、サイバー犯罪など、知的財産権法やIT法の知識が必要な分野についても対応いたします。

    刑事弁護業務について

    I2練馬斉藤法律事務所の刑事弁護業務については、詳しくはこちらをご参照ください。

    知財犯罪・サイバー犯罪の嫌疑に対する刑事弁護

    知的財産権の侵害や、インターネット条のサイバー犯罪などの嫌疑をかけられた場合、迅速な対応と捜査機関との折衝が大切です。 目次1 知財侵害・サイバー犯罪の嫌疑に対する刑事弁護業務の内容2 被疑者段階(起訴前弁護)2.1 接見2.2 身体拘束からの解放を目指した活動2.3 不起訴獲得を目指した弁護活動3 被告人...