インターネット上ではさまざまな権利侵害が問題となります。

こうした名誉毀損やプライバシー権侵害、なりすましなどのインターネット上の権利侵害に対して、適正に法的手続きを行なっていく際、I2練馬斉藤法律事務所は代理人として発信者の特定から損害賠償請求などまで幅広くお力になれるように尽力いたします。

人格権侵害

インターネット上の権利侵害で最も多いのは、人格権の侵害です。人格権にも様々な種類の権利がありますが、明文はなく民法709条などの規定から、権利ないし法律上保護されるべき利益として保護されます。

人格権の種類

人格権には様々なものがあり、インターネット上で問題となる人格権侵害の態様も様々です。以下、よく問題となるものを中心にご紹介します。

名誉権

誹謗中傷や名誉毀損の場合に問題となる人格権です。名誉権は、人の外部的、社会的名誉を保護していると捉えられています。したがって人の社会的名誉を低下させる場合に初めて、名誉権侵害、名誉毀損が成立します。

名誉感情

侮辱された場合など、受忍限度を越えた名誉感情の侵害について法的保護下に置くものです。もちろん、軽微な発言で違法とされては表現行為が萎縮するため、社会的な受忍限度を越えているか否かが違法な名誉感情侵害か否かの分かれ目になります。

プライバシー権

私生活上の秘密など、一般的に公開を欲しない情報をみだりに公開されない権利です。近年は社会の情報化がますます進むにつれて、自己情報のコントロール権など権利の捉え方の見直しも検討されています。

肖像権・氏名権

人の姿形や、氏名などの個人のシンボル、アイコンを保護する権利です。無断使用や某用などの場合問題となります。

生活の平穏

強迫行為や騒音公害など、人が平穏に生活する権利も受忍限度を越えて侵害した場合、人格権侵害の問題を導きます。インターネットで問題となるのは、サイバーストーカーや、殺害予告などのインターネットを通した脅迫事案などです。

アイデンティティ権

他人に勝手に自己になりすまされない権利ないし法的利益です。典型的にはインターネット上のなりすましの場合などに問題となりますが、権利自体最近言及されるようになった新しい人格権です。

知的財産権侵害

また、インターネット上では著作権をはじめとする知的財産権侵害も多く発生しています。

例えば、著作権侵害を筆頭に不正競争防止法違反、商標権侵害、パブリシティ権※侵害などが問題となります。

※パブリシティ権は人格権として保護される肖像権の一内容ですが、その権利侵害については知的財産権法を専門に扱う部署で審理判断されます。

著作権侵害

著作権は、知的財産権の中でも、インターネット上特に侵害されやすい権利です。I2練馬斉藤法律事務所は、インターネット上の著作権侵害について対応経験が豊富な事務所ですので、インターネット上の著作権侵害でお困りの際はお気軽にお問合せください。

ご相談について

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    人格権侵害に関するI2練馬斉藤法律事務所の情報発信

    インターネット上の権利侵害を含めた人格権侵害に関するI2練馬斉藤法律事務所の情報発信は下記リンク先で詳細をご確認いただけます。

    インターネットと人格権

    インターネットは、様々な人格権侵害を生じる場所です。過度な人格権侵害に対しては法的措置も検討されるべきです。 目次1 人格権とは2 人格権の種類2.1 名誉権2.2 名誉感情2.3 プライバシー権2.4 肖像権・氏名権2 […]

    誹謗中傷等・インターネット上の名誉棄損に対する発信者情報開示や削除請求

    目次1 インターネットの匿名性と誹謗中傷被害・加害2 インターネット上の名誉棄損・誹謗中傷被害について3 インターネット上の名誉毀損・誹謗中傷加害者4 インターネット上の誹謗中傷・名誉棄損に対する発信者情報開示や削除請求 […]
    TOP