リツイート事件最高裁判決など
著作権等知財IT法分野に幅広く実績があります
コンテンツと法の問題
実践のフィードバックなど、
『コンテンツ』がテーマの法律事務所です
東京弁護士会所属 弁護士齋藤理央
著作権・知財・IT法務や練馬区民の法律問題に対応します。

I2練馬斉藤法律事務所について

I2練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区に所在する法律事務所(責任者弁護士齋藤理央(東京弁護士会所属))です。取扱業務としては、コンテンツと法の問題、著作権を中心とした知的財産権法、インターネットが関連した案件を重視しています。著作権分野、サイバー法分野では数少ない最高裁判所判決を担当するなど弊所では訴訟から相談まで幅広く実績を有します。また、練馬区や隣接区市の企業事業主や個人法務にも対応しており、賠償問題、刑事事件、家事事件や労働問題、不動産問題など幅広く案件を取り扱ってきました。

 

業務案内

著作権/知的財産権/IT・ウェブ法務/コンテンツと法

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権、コンテンツをはじめとする「IP(知的財産権)」、ウェブやデジタルに関する「IT(情報法)」という、「2つのI」が付く法務分野を重視しています。インターネット上の知的財産権侵害など、知財IT法分野でご相談の方はこちらをご参照ください。

I2練馬斉藤法律事務所は、I2法務(知財・IT)特にデジタル著作権分野で先端法領域の専門性の高い訴訟を取り扱うなど、コンテンツ法や著作権などをはじめとする知的財産権・ITに関係する法律問題に特徴と実績があります。

著作権関連業務

IP(知的財産)/コンテンツ法務

 

ウェブ・IT法務

商事・企業法務

I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイト・メディア・インターネット・教育・博物館などの事業に関わる個人事業主や法人などの事業者の方から、著作権・コンテンツ法など知的財産権やIT法分野でご相談をお受けしています。

企業法務・ビジネスロー

損害賠償

著作権侵害など知的財産権侵害や交通事故をはじめとする損害賠償分野に注力しています。

賠償問題における弁護士依頼の手順とメリット

交通事故業務案内

民事

知的財産権侵害や交通事故を中心とする損害賠償の他、民事訴訟や、不動産、債権回収などの一般民事分野の業務を広く取り扱っています。

練馬及び隣接区市の一般民事法務

刑事

I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央は、刑事事件について上告審、控訴審、裁判員裁判、被疑者弁護など幅広く取扱経験があります。知的財産権侵害やインターネット犯罪についても取り扱っていますのでお気軽にお問い合わせください。

刑事事件における刑事弁護業務について

家事

離婚・遺産相続・遺言など家事事件に関するお悩みがございましたら、お問い合わせください。

家事事件取扱案内

行政

行政との折衝や、訴訟等を扱うのが行政事件です。商標登録などにおける特許庁の審決から、国家賠償請求まで国や地方自治体を相手方とする業務になります。

行政法務・行政事件

練馬駅前の法律事務所です

I2練馬斉藤法律事務所は、西武池袋線、都営大江戸線練馬駅徒歩1分に立地します。練馬区及び、板橋区、杉並区、中野区、豊島区、東久留米市、西東京市など隣接区市の区市民の方にご相談頂きやすい立地となっています。
練馬区及び、板橋区、杉並区、中野区、豊島区、東久留米市、西東京市など隣接区市の区市民の方はこちらをご参照ください。

キャラクターがトレードマークですー文化の発信地「練馬」の法律事務所として

練馬区は文化発信の街としても知られます。I2練馬斉藤法律事務所はそんな「練馬区」の法律事務所として応援キャラクターを採用する等、IPを利活用した地域に根差した広報活動も行っています。

著作権・コンテンツローなど知財IT法分野で弁護士をお探しの方はわたしがご案内します。

練馬区で交通事故・損害賠償・刑事弁護・離婚相続・不動産・債権回収などの業務で法律事務所をお探しの方はボクがご案内します!

リーガルグラフィック

法律情報の視覚的伝達を志向する点も弊所の特徴です。

事務所はどこにありますか?

東京都練馬区練馬に所在します。西武池袋線、都営大江戸線「練馬駅」徒歩1分の立地です。事務所の立地から、練馬区や隣接区市、西武池袋線沿線など区市民、企業のご相談をお受けしています。所在地はこちらです。

事務所住所

176-0001
東京都練馬区練馬1-2-9精美堂書店ビル503
I2練馬斉藤法律事務所
電話03-6915-8682

連絡するにはどうすればよいですか?(コンタクト)

メールフォームからご連絡頂けます。平日午前10時から午後6時までは03-6915-8682に電話でもご連絡いただけます。

    ご連絡について

    弁護士について(広告責任者)

    東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。IC法務分野をはじめ、企業法務、交通事故や刑事弁護など一般的な法律問題全般に広く対応経験があります。

    東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。ご相談の際はお気軽にお問い合わせください。

    事務所からのお知らせ

    令和2年度お盆期間の営業について

    長期期間続いた梅雨の影響で天候は良くなかったものの気候的には過ごしやすかった7月が終わり、8月から猛暑が続いています。 皆様におかれましても、熱中症などにお気をつけ頂き、ご自愛専一にお過ごしください。 さて、令和2年度の夏季お盆期間については、弊所は暦通りの営業となります。8月10日は暦通り祝日となり事務所...

    弁護士齋藤理央メディアコメント履歴

    弁護士齋藤理央の情報発信について、まとめています。 新聞 令和2年7月23日付北海道新聞にコメントが掲載されました。 令和2年7月22日付読売新聞朝刊にコメントが掲載されました。 令和2年7月22日付朝日新聞朝刊にコメントが掲載されました。 令和2年7月22日付毎日新聞朝刊にコメントが掲載されました。 令和...

     

    コンテンツ&ロー

    コンテンツと法の問題を中心に取り扱う、当サイトメインコンテンツです。

    著作権に関する法律相談について

    著作権に関して、権利を侵害されているため権利行使を行いたいという場合、権利を侵害しているとして内容証明や訴状が届いた場合、著作権の利用を巡って使用許諾契約や、著作権譲渡契約を結ぶために契約書を作成しなければならない場合など、さまざまな場面で法律問題が発生します。著作権に関する法律問題について、弁護士を介入さ...

    著作権事務弁護士業務

    I2練馬斉藤法律事務所では、著作権訟廷弁護士業務も踏まえた、著作権事務弁護士業務を提供しています。著作権事務弁護士業務は、幅広く取り扱い経験があります。 著作権法律相談 著作権に関する様々な法律相談に対応経験がございますので、著作権のことで悩みが生じればお気軽にお問い合わせください。 著作権契約業務 著作権...

    ブランデッド・エンターテイメント

    ブランデッド・エンターテイメントや、エンターテイメント・マーケティングという言葉があります。 文字通りエンターテイメントをマーケティングやブランディングに活用するものです。 コンテンツの内容は企業やブランド、商品及びサービスとは関連性のない純粋なエンターテイメントの場合もありますが、プロダクト・プレイスメン...

    オリジナル・コンテンツ

    I2練馬斉藤法律事務所はオリジナルコンテンツの配信をとおして文化に貢献するとともに、コンテンツIP研究の一環としてコンテンツ法務にフィードバックしています。

    コンテンツ・IP研究

    エンターテイメント・コンテンツ

    I2キャラクターズ・パーク

    更新一覧

    練馬区及び隣接区市の法律相談

    練馬区の法律問題についてご相談ください 「練馬」の各種法律問題について I2練馬斉藤法律事務所は西武池袋線、西武有楽町線、都営大江戸線「練馬駅」徒歩1分に立地します。 練馬区にお住いの方をはじめ、中野区、杉並区、板橋区、埼玉県などの近隣の市民、企業からご相談、依頼をして頂きやすい立地となっています。 元々取...

    著作権に関する法律相談について

    著作権に関して、権利を侵害されているため権利行使を行いたいという場合、権利を侵害しているとして内容証明や訴状が届いた場合、著作権の利用を巡って使用許諾契約や、著作権譲渡契約を結ぶために契約書を作成しなければならない場合など、さまざまな場面で法律問題が発生します。著作権に関する法律問題について、弁護士を介入さ...

    著作権事務弁護士業務

    I2練馬斉藤法律事務所では、著作権訟廷弁護士業務も踏まえた、著作権事務弁護士業務を提供しています。著作権事務弁護士業務は、幅広く取り扱い経験があります。 著作権法律相談 著作権に関する様々な法律相談に対応経験がございますので、著作権のことで悩みが生じればお気軽にお問い合わせください。 著作権契約業務 著作権...

    民事訴訟再審

    再審の要件 民事訴訟における再審の訴えは、次に掲げる事由がある場合に出来ます(民事訴訟法338条1項柱書))。すなわち、①法律に従って判決裁判所を構成しなかった場合(同項1号)、②法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与した場合(同項2号)、③法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をする...

    ブランデッド・エンターテイメント

    ブランデッド・エンターテイメントや、エンターテイメント・マーケティングという言葉があります。 文字通りエンターテイメントをマーケティングやブランディングに活用するものです。 コンテンツの内容は企業やブランド、商品及びサービスとは関連性のない純粋なエンターテイメントの場合もありますが、プロダクト・プレイスメン...

    付随対象著作物の利用-写真や映像への映り込みについて

    『付随対象著作物の利用』写り込みに対する権利制限規定 写真や映像を業務として撮影される方の中には、路上の看板など不可避な映り込みについて、気にされている方も多いのではないでしょうか。例えば、路上の建築物や、看板に印刷されたロゴ・キャラクター・芸能人の写真などがどうしても写真や映像に映り込んでしまっているが、...

    ツイッター・リツイート事件

    リツイート事件は、ツイッターにおける著作権侵害に対する発信者情報開示請求訴訟です。 審理はリツイートを題材としてインラインリンクの著作権法上の評価、最新ログイン情報の開示(発信者情報の射程)など多岐に渡る、重要な争点に及びました。 そして、令和2年7月21日、最高裁判所判決が言い渡され、5年に及ぶ訴訟が終了...