[iC法分野]を重視する[練馬]の法律事務所です

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は[著作権][知的財産権][ウェブインターネット法務][コンテンツ紛争][エンターテイメント紛争][広告法]などの分野における争訟の解決、事務弁護士業務(契約、相談、リサーチなど紛争の予防・コンプライアンスの問題)を重視している法律事務所です。

クリエイトをキーワードに[クリエイト]と深く関わる[iC法務]分野に高い関心と意欲をもっています。

また、IC法務に限らず、交通事故、刑事弁護、企業法務など幅広く様々な法律問題に対して処理経験があります。[練馬]駅徒歩1分という立地から練馬区をはじめとする隣接区市の市民、企業からのご相談を頂く機会が多くなっています。お困りごとの際はお気軽にお問い合わせください。

INFORMATION

  1. 2019年度夏期休暇後の営業開始日程について
  2. 2019年度夏季休業について
  3. I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京ツイッターアカウントのご紹介
  4. 2019年度のゴールデンウィーク期間の休業について
  5. 弊所弁護士の名前を名乗る詐欺にご注意ください
  6. 2018−2019年度年末年始の営業について

弁護士齋藤理央

弁護士齋藤理央

[クリエイト]がキーワードの法律事務所

事務所PRキャラクターを自作するなど、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、[クリエイト]と関係が強い法律事務所です。

このことから、クリエイトと関わりの深い法律分野を[iC法務]分野と銘打ち、重点分野に設定しています。クリエイト活動と切り離せない[著作権]、[知的財産権]、[ウェブデジタル紛争]、[コンテンツ紛争]、[広告法務]などの法領域には高い関心と意欲を持ち、実績も複数あります。

特に著作権法とインターネット紛争が交錯する分野において、重要判例として判例集に掲載される事案を含め、知的財産権法専門裁判所での実績が複数あります。また、訟廷弁護士業務経験も踏まえた事務弁護士業務についても幅広く対応経験があります。

さらに各種学会、研修会にも積極的に参加し法務知識をアップデートし、iC法務分野に関する情報発信も積極的におこなっています。

さらに、[クリエイト活動]から得た知見や[クリエイト環境]の法務へのフィードバックを志向しているのは弊所の大きな特徴です。

[リーガルグラフィック]と銘打ち、法務に挿入する視覚表現について[iC法務]、[交通事故など損害賠償]、[刑事事件]など親和性の高い業務における融合を志向し、親和性の高い[iC法務]分野のほか、交通事故など損害賠償、刑事弁護、民事訴訟などにも力を入れています。

PAGE TOP