コンテンツやインターネットの法律/知財問題を中心に取り扱っている弁護士です

コンテンツ・インターネットの法律問題について

重視するコンテンツ、インターネットの法律問題等を中心に情報発信をしています。

<誹謗中傷・無断転載>インターネットトラブル
<企業の風評被害>

<無断転載>、<誹謗中傷>、<企業の風評被害>、<発信者情報開示>、<損害賠償請求>、<削除請求>、<消費者問題>などインターネット上のトラブル対応に注力しています

無断転載(著作権侵害/海賊サイト/まとめサイトなど)

海賊サイトやまとめサイトなどインターネット上での著作権侵害に対応しています

企業の風評被害

口コミや掲示板など企業に関する風評被害対策について

SCROLL

 

このサイト(弁護士齋藤理央 法務サイト)について

弁護士齋藤理央(東京弁護士会所属)が運営する、コンテンツ、情報、iTなどの法律問題を中心とした法律情報などのコンテンツを発信するWebサイトです。

無断転載、名誉毀損、風評被害などのインターネットトラブルをはじめとしたインターネットの法律問題、コンテンツiPその他の法律/知財問題でお困りの際は、下記メールフォームなどからお気軽にお問合せください。

コンテンツ・インターネットのトラブル解決

インターネット上の無断転載、誹謗中傷、風評被害などのトラブル解決をはじめとする法律知財の問題について助言から特定、交渉、訴訟まで幅広くご相談ください。

その他インターネットの法律相談

インターネットトラブルのほか、ネット広告、仮想通貨などの消費者問題などご相談をお受けしています。

企業・事業者のコンテンツ、クリエイト、PRなどを巡る法律問題

メディア事業、コンテンツ事業、広告、広報、エンターテイメント、教育などの情報発信と法律の問題についてはこちらのサイトをご確認ください。

その他の法律問題

その他、交通事故やスポーツ事故、日常生活事故などの損害賠償問題をはじめとする法律問題について対応しています。まずは法律相談をお申し込みください。

お知らせ

文化庁 海賊版による著作権侵害相談窓口 担当弁護士に就任しました

令和5年5月18日、弁護士齋藤理央が文化庁 海賊版による著作権侵害相談窓口 担当弁護士に就任しました。 また、これに先立ち、令和5年5月 5日文化庁海賊版対策法律相談担当弁護士としてCOMITIA144で法律相談を担当し […]

東京都知的財産総合センター知財相談担当弁護士に就任しました

令和5年4月より、弁護士齋藤理央が東京都知的財産総合センター知財相談担当弁護士に就任しました。 東京都知的財産総合センターでは、中小企業を対象に知的財産権に関する助言、相談、助成など様々な支援を行なっています。 知財相談 […]

担当した発信者情報開示請求事件が裁判所ウェブサイトに掲載されました

弁護士齋藤理央が担当した発信者情報開示請求事案が裁判所ウェブサイト知的財産裁判例集に掲載されました。 掲載されたのは、令和5年2月17日東京地裁判決・裁判所ウェブサイト掲載で、請求の全部を認容する判断を示しています。 東 […]


▶︎ お知らせ一覧

無断転載/海賊サイト

著作権を初めとしたコンテンツiPの権利侵害などインターネット上の知的財産権侵害事案の解決に力を入れています。

<誹謗中傷>

誹謗中傷・プライバシー侵害・リベンジポルノなどに対する発信者情報開示・送信防止措置など<インターネットトラブル解決>に実績があります。

<風評被害対策>

グーグルマップ等のクチコミ対応や掲示板、SNS等での炎上など<企業の風評被害対応>を積極的に取り扱っています。

Twitter

<Twitter>について上告審から仮処分まで対応実績多数

MetaPinc

InstagramやFacebookを運営するメタプラットフォームインクに対して、開示実績が複数あります。

Google

YouTube、Google口コミ、Google検索などを運営するGoogle LLCに対する対応・相談実績が複数あります。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    業務案内(更新順)

    弁護士齋藤理央

    無断転載・著作物の無断利用/インターネット上の著作権等知的財産権侵害対応<海賊サイト・まとめサイト・一般サイトまで >

    インターネットの発展により誰でも自由に情報発信ができる時代が来ました。そして、著作権の保護客体となるイラスト、写真、映像、漫画、記事、ストーリーなどの作品(著作物)は、インターネット上で創作から消費までその一生が完結しま […]

    各種損害賠償

    著作権侵害、知的財産権侵害、インターネット上の権利侵害等、交通事故・日常生活事故・学校事故・レジャー事故など各種損害賠償案件について弁護士齋藤理央は幅広く対応実績があります。 内容証明郵便をはじめとする通知文の作成、交渉 […]

    更新コンテンツ

    令和4年6月24日最高裁判所第二小法廷判決ー犯罪履歴ツイートの削除請求が認容された事例(ツイッター上の忘れられる権利)ー

    令和4年6月24日最高裁判所第二小法廷判決・裁判所ウェブサイトは、最高裁判所がツイッター上の犯罪履歴ツイートの削除を命じた裁判例です。 目次1 Twitterに対する送信防止措置請求事件事案の概要2 一審及び控訴審の判断 […]

    [令和3年1月1日施行] 改正著作権法−ダウンロード違法化について

    ここでは、令和2年6月5日改正法が成立し、令和3年1月1日より施行されたダウンロード全面違法化に関する改正著作権法について、ダウンロード違法化の点に焦点を当てた解説や弊所パブリックコメントなどの情報発信をまとめています。 […]

    海賊サイト対策

    弁護士齋藤理央は、インターネット上の著作権侵害対策に力をいれている弁護士です。また、令和5年5月から文化庁 海賊版による著作権侵害相談窓口 担当弁護士に就任しています。海賊サイトなどによる無断転載・無断利用など著作権侵害 […]

    取材対象者の期待と法的保護の有無について

    最判平成20年6月12日・民集第62巻6号1656頁は、「取材対象者は,取材担当者から取材の目的,趣旨等に関する説明を受 けて,その自由な判断で取材に応ずるかどうかの意思決定をするものであるから, 取材対象者が抱いた上記 […]

    Twitter/ツイッターを運営するXcorp.に対する発信者情報開示請求

    弁護士齋藤理央は、ツイッターを運営するXcorp.に対する発信者情報開示請求、特にツイッター/Twitter上の無断転載問題については最高裁判所判例をはじめとする複数の裁判例を獲得しているなど、幅広く対応実績を有します。 […]

    業務案内

    無断転載、誹謗中傷、企業の風評被害、発信者情報開示などのインターネットトラブルを中心にインターネットの法律問題に注力している弁護士です。

    ______

    インターネット・トラブル

    <インターネット上の権利侵害に基づく損害賠償請求>

    <発信者情報開示>

    <削除(送信防止措置)>

    ______

    <その他の法務>

    損害賠償

    民事訴訟

    • 第一審
    • 控訴審
    • 上告審・再審

    刑事弁護 ▶︎サイバー犯罪・著作権侵害など知財事犯
    捜査弁護(起訴前弁護)・刑事訴訟

    TOP