著作権・コンテンツ法、ウェブ・ICT法務などを重視しています

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、クリエイト・クリエイターの保護や、コンテンツトラブルの解決・予防など、クリエイト・コンテンツと法律の問題を重視する法律事務所です。クリエイトを直接保護する著作権法や、コンテンツの利用の過程で問題となる知的財産権をはじめとするコンテンツ・ロー、さらに伝達や開発の過程で問題となるウェブサイトや開発アプリケーションなどウェブデジタルの法律問題などを重視しています。

INFORMATION

  1. 2019年度のゴールデンウィーク期間の休業について
  2. 弊所弁護士の名前を名乗る詐欺にご注意ください
  3. 2018−2019年度年末年始の営業について
  4. URLの移転とSSL通信の導入
  5. ウェブサイトをリニューアルしました

弁護士齋藤理央

弁護士齋藤理央

先端領域と一般法務、そしてリーガルグラフィック

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、練馬駅徒歩1分に所在します。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、先端法領域に属する著作権・コンテンツ法務領域を扱う東京の法律事務所という一面を持っています。

さらに弊所では練馬区や隣接区市(板橋区・豊島区・中野区・杉並区・武蔵野市・西東京市・和光市・新座市・朝霞市)などの地域法務、特に交通事故など損害賠償案件や刑事弁護を取り扱っています。

そして、i2練馬斉藤法律事務所では、リーガルグラフィック(法律情報の視覚表現も含めた伝達)を志向するという特色を有しています。

弁護士業務全般において、利用が必要かつ相当な場面では、視覚表現の併用も試みていきます。

PAGE TOP