SNSインスタグラム/Instagramとは

インスタグラム/Instagramは、主に写真を投稿するウェブサイトで、日本でも高い人気を誇るSNSです。

特にインスタグラムは、若年層(特に女性も利用者が多いSNSという特徴があります。)に利用者が多いことから、いじめや嫌がらせ、ストーカー行為に利用されることがあります。

インスタグラムで起こる権利侵害の特徴

インスタグラム/Instagramは写真などの画像投稿がメインのSNSで、ポジティブな投稿が中心と言われ、名誉棄損や信用棄損など権利侵害投稿は比較的起こりにくいと言われていた時代もありました。

しかし、コメント投稿機能やストーリー投稿機能など様々な機能がありますので、名誉棄損やプライバシー侵害も生じています。また、その他、なりすましや商標権侵害なども、発生しています。

このように、誹謗中傷やなりすまし、嫌がらせなどの人格権侵害が生じています。

また、インスタグラム/Instagramにおける権利侵害は、写真はもちろん、イラストや映像などの無断投稿及び、無断プロフィールアバター利用など、著作権侵害、パブリシティ権侵害などの知的財産権侵害も生じています。

ンスタグラム上での権利侵害に関する相談はどのようにすれば良いですか?

下記のフォームでお問い合わせください。なお、お問合せの際はなるべく問題となるアカウントのURLをご記載ください。その後の流れがスムーズになります。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    インスタグラムの関連したI2練馬斉藤法律事務所の情報発信

    I2練馬斉藤法律事務所のインスタグラムに関する情報発信は下記リンクから詳細をご参照いただけます。

    インスタグラムInstagram上の権利侵害(無断転載)に対する実際の発信者情報開示請求対応例

    I2練馬斉藤法律事務所では、まだそれ程開示請求が盛んではなかった2019年の段階でインスタグラムInstagramで発生した著作物の無断掲載に基づく著作権侵害に基づいて発信者情報開示仮処分を東京地方裁判所(知的財産権法専 […]

    インスタグラム/Instagram上の権利侵害に対する発信者情報開示について

    インスタグラムを巡る権利侵害が急増しています。権利侵害情報の発信者が氏名不詳の場合、まずは発信者を特定するために発信者情報開示の手続きを取る必要があります。 目次1 I2練馬斉藤法律事務所はインスタグラムの発信者情報開示 […]
    TOP