インターネット上で作品(イラスト・写真・記事・小説など)を無断で利用された場合、法的対応をとることができます。

インターネット上の著作物(作品)の無断利用でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

インターネット上の著作物の無断利用の法的意味

インターネット上で他人に自分の作品(著作物)を無断で利用されていた場合、ショックも大きいものと思います。

では、インターネット上で作品を無断利用することは、法律の世界では何を意味するのでしょうか。

インターネット上の無断利用は著作権侵害、場合によっては著作者人格権侵害も

インターネットで他人の作品を勝手に利用する行為は、著作権法という法律で定められた著作権という権利を侵害します。この場合、損害賠償請求や、画像の削除(送信防止措置・差止など)を要求することができます。

また、クレジットを切り取られていたり、勝手にトリミングされていた場合著作者人格権という権利の侵害を主張できる場合があります。著作権侵害が伴う場合は、著作者人格権侵害は慰謝料の増額事由になります。また、謝罪広告などの掲載を要求できる場合もあります。

権利侵害をおこなった加害者の特定

インターネット上の無断転載については、加害者がどこの誰かわからないことの方が多くなっています。この時に必要になるのが発信者情報開示請求の手続きです。

プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求によって加害者を特定した上で、加害者に対して損害賠償や削除などの法的請求を行うことが一般的です。

I2練馬斉藤法律事務所について

I2練馬斉藤法律事務所は、インターネット上の著作権侵害について多くの案件を手がけてきました。無断転載対策については、対応の過程で最高裁判所判決ををはじめとした複数の判例集等掲載判例を獲得しています。インターネット上の著作権侵害については幅広く実績のある弊所へのご相談もご検討ください。

問い合わせの方法

下記メールフォームをご利用ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    TOP