訴訟業務

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィックでは、訴訟等※)代理業務を受任しておりますので、訴訟提起(訴える場合)あるいは応訴対応(訴えられた場合)について必要があればご相談ください。

※)保全や執行及び行政不服申立を含みます。

訴訟提起の前に交渉があるのが通常ですが、突然訴えられたり、反対に事情により交渉を避けて訴訟提起せざるを得ない場合もあります。

訴訟業務取扱分野

以下の分野の訴訟等代理業務を取り扱っています。また、顧問契約の有無など諸般の事情を勘案して法的アドバイスや書面代理作成など、本人訴訟支援業務を取り扱うことがあります。詳しくはお問い合わせください。

基本的に訴訟業務は代理業務となります。
本人訴訟支援は本人訴訟支援でなければ権利の実現が図れないなど必要性と相当性が認められる場合に相談のうえで行います。

著作権を初めとする知的財産権法及びコンテンツ法分野

伝統的な著作権法及びデジタル著作権法分野

・商標、パブリシティ権及び不正競争防止法など知的財産権法分野

・コンテンツを巡る労務問題

・景表法、特商法及び各種業法など各種広告表示規制

・コンテンツ事業、広告、教育及び博物館など関連事業分野の企業法務

インターネット法分野

・国内プロバイダに対する発信者情報開示、侵害情報削除

・カリフォルニア及びアイルランドに登録がある国外プロバイダ対する発信者情報開示、侵害情報削除

・名誉毀損及びプライバシー侵害など

・ウェブサイト及びシステム開発紛争

損害賠償請求事件

・著作権をはじめとする知的財産権侵害

・名誉毀損などインターネット上の権利侵害

・交通事故

・学校事故

・日常生活事故

・犯罪被害

・債務不履行

刑事事件・コンプライアンス

・知的財産権侵害、インターネット犯罪など

・その他一般刑事事件

・コンプライアンス問題

一般民事事件

・民事訴訟、任意交渉及び法律相談

その他家事事件、労働事件、行政事件など

訴訟とリーガルグラフィック

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、視覚的な法律情報の伝達を志向する法律事務所です。

したがって、準備書面など、視覚的な情報伝達が有効な訴訟業務と親和性があります。

実際に、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、訴訟業務を重視しています。