弁護士齋藤理央は、著作権などのコンテンツiP(知財)、インターネットトラブルなどの情報法分野における紛争対応、契約問題、法的助言などのiC法務を中心に業務を行っています。また、重点分野であるiC法分野に留まらず、交通事故などの損害賠償、一般民事事件、刑事事件など幅広く紛争対応、契約問題、法的助言などの弁護士業務に対応してきました。

訴訟、交渉等の紛争対応

民事訴訟や代理交渉業務を中心とした紛争対応業務です。生じてしまった紛争について代理人として民事訴訟を追行し、あるいは民事訴訟における解決を念頭に代理人として交渉して紛争解決を目指します。

民事訴訟代理人業務

弁護士齋藤理央は、最高裁判所判例から複数の知財高裁判例、東京地方裁判所知的財産権法専門部における訴訟など、専門性の高い民事訴訟業務を多く手掛けてきました。著作権などのコンテンツiPやインターネット紛争その他各種トラブルについて民事訴訟をはじめとした紛争対応業務についてご相談ください。

事務弁護士業務

法的助言、調査、契約問題など紛争対応以外の事務弁護士業務について弁護士齋藤理央は幅広く対応経験を有します。特に重点分野である著作権などのコンテンツiPやインターネット紛争その他情報法分野において法的助言や契約業務については専門性を持った助言を行えると自負しています。重点分野を含めたご相談をお待ちしております。

契約書の作成、確認など契約問題

契約書や利用規約などの合意書面を作成し、あるいは内容を確認いたします。契約書などの内容は将来の紛争を未然に予防し、あるいは、紛争となった場合の争点を減らし、なるべく有利な解決となるように、紛争解決業務の業務経験から契約書の確認、作成を行います。

法律相談や顧問契約など法的助言

コンプライアンスの問題や、紛争、契約などの疑問点に法的助言を行う業務です。ここでも重点分野については幅広い紛争解決経験に基づいた法的助言(アドバイス)を提供させていただくことを心がけています。

法分野別業務案内

個人・事業者向けのインターネット法分野の業務

無断転載、風評被害、誹謗中傷などのインターネットトラブル解決については、個人、企業を問わず対応してきました。発信者情報開示などインターネットトラブルの解決は専門性の高い分野とも言われますが弁護士齋藤理央は、幅広い経験を有しています。

インターネット問題 ▶︎ 権利侵害(発信者の特定・損害賠償・削除対応など) 消費者問題(詐欺サイト・誇大広告など)  発信者情報開示 米国法人TwitterInstagramGoogleYouTubeなど) 国内携帯キャリアdocomoKDDISoftBank、楽天モバイルなど) インターネット・サービス・プロバイダ コンテンツ・プロバイダ レンタルサーバー事業者さくらインターネットGMOエックスサーバーなど)
インターネット上の権利侵害に基づく損害賠償請求 無断転載 人格権侵害(誹謗中傷・なりすまし・肖像権侵害・プライバシー侵害等)
削除(送信防止措置)
民事争訟 ▶︎損害賠償 事故(交通事故海難事故・原発賠償) 保険金請求 犯罪被害 民事訴訟 第一審 控訴審 上告審・再審
刑事弁護 ▶︎サイバー犯罪・著作権侵害など知財事犯 捜査弁護(起訴前弁護)・刑事訴訟

事業者向けのコンテンツiPなどの分野

著作権をはじめとするコンテンツiPが関連する紛争対応や契約問題、法的助言については、フリーランスや企業法人などの事業者を中心に法的サービスを提供して参りました。

コンテンツ法務 (事業者)▶︎ 広告・商業コンテンツ  教育・教養コンテンツ エンタメ・娯楽コンテンツ キャラクター 文章(ストーリー・記事) 画像(イラスト写真) 映像(YouTube・動画コンテンツ紛争 権利侵害(知的財産権、人格権など) 契約トラブル 労務、請負トラブル(職務著作・下請法・独占禁止法など)コンテンツ契約 契約書 利用規約・約款 プライバシーポリシー
コンテンツ知財 著作権  ▶︎ デジタル著作権  著作権紛争  著作権契約 商標法(出願・契約・侵害) 不正競争防止法(秘密情報管理・不正競争行為対応) パブリシティ権(契約・侵害) コンテンツ特許・意匠
顧問・相談 法人顧問 フリーランス(クリエイター)の顧問 法律相談労務・金融・広告 コンテンツファイナンス  景品表示法・業法(薬機法など) コンテンツの労働問題
知的財産権 ▶︎知的財産権侵害 侵害警告・回答書 知的財産権侵害訴訟行政(特許庁等)対応 出願登録 審判 取消訴訟

業務案内(更新順)

発信者情報開示請求業務について

インターネット上の匿名アカウントを特定することで今後の違法行為を可及的に予防し、責任追及を可能にするのが発信者情報開示請求の手続きです。 インターネット上の誹謗中傷被害や風評被害対策に法的措置とる場合、多くのケースで発信 […]

知的財産権業務

特許権・実用新案権・意匠権・商標権は特許庁による、育成者権は農林水産省による登録を経なければ権利化できません。また、特許庁や農林水産省による査定や審決については、不服申立ができます。このように、出願登録・審判対応など知的 […]

知的財産権侵害・サイバー犯罪の刑事弁護

ご連絡について 知的財産権法/サイバー犯罪を巡る刑事弁護業務について弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)にご依頼の場合は、お気軽にお問い合わせください。

取扱分野について教えてください

弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、下記法分野(法分野は各々重複している部分があります。)を中心とした以下の業務等を提供しています。

『著作権・コンテンツ関連知財・インターネットトラブル・コンテンツや広告を巡る契約、規約・コンテンツを巡る労務・コンテンツを巡る資金調達・損害賠償・刑事弁護・行政事件』について

・①各種訴訟等の代理、②交渉の代理など、争訟・紛争解決業務

・③契約代理、契約書作成、契約書確認、契約を巡る法的アドバイス、④法律事項調査や法律相談に対する回答などの、契約・法令調査・法律相談業務

・⑤セミナーコンテンツ制作など法律や知的財産権法の普及・研究などその他の法律事務

上記業務分野を中心としてお気軽に御相談ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    著作権法分野

    伝統的な著作権法及びデジタル著作権法分野

    ・インターネット上の著作権侵害など著作権侵害対応

    ・文化庁における著作権登録

    知的財産権法(特にインターネットやコンテンツが関連する分野)

    ・商標、パブリシティ権及び不正競争防止法など知的財産権法の侵害対応、出願登録、契約等知的財産権法分野

    コンテンツ※のビジネス利用などに伴うコンテンツ関連紛争の解決や法令調査などコンテンツ法分野

    ・コンテンツ(キャラクター・ストーリー・写真・イラスト・デザイン・映像・音楽・ウェブサイト等)に関する法分野

    ・コンテンツファイナンス・ロー(金融商品取引法や会社法など)

    ・コンテンツを巡る労務問題(労働法・フリーランスの競争法問題など)

    ・キャラクターや作品タイトルなどコンテンツ標識(アイコン)の商標出願など知的財産権に関する出願登録及び契約問題法令上のアドバイス

    ・景表法、特商法及び各種業法などコンテンツを利用したプロモーション(販促)・広告に伴う各種広告表示規制等の問題

    ・コンテンツ事業、広告、教育及び博物館など関連事業分野の企業法務

    ※「コンテンツ」とは、映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラム(電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをい」います(コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律第2条1項)。

    下記の各IPに関連する法律問題

    ・キャラクターの権利侵害等侵害対応や、契約問題法令調査などキャラクター法務

    ・イラストレーションや絵画などの権利侵害等侵害対応や、契約問題法令調査など

    ・漫画やアニメに関する権利侵害対応や、契約問題法令調査など

    ・写真、フォトグラフィーに関する権利侵害対応や、契約問題法令調査など

    ・映画や動画など映像に関連する権利侵害や契約問題法令調査など

    ・ウェブサイトに関する法律問題

    ・音楽に関する法律問題

    発信者情報開示

    下記の各種訴訟・仮処分・任意交渉・法律相談

    ・国内プロバイダに対する発信者情報開示、侵害情報削除

    ・カリフォルニア及びアイルランドに登録がある国外プロバイダ対する発信者情報開示、侵害情報削除

    インターネット上の権利侵害対応

    ・インターネット上の著作権侵害

    ・名誉毀損及びプライバシー侵害などインターネット上の人格権侵害

    ・商標権、不正競争防止法違反等インターネット上の知的財産権侵害

    損害賠償請求事件

    ・著作権をはじめとする知的財産権侵害

    ・名誉毀損などインターネット上の権利侵害

    ・ウェブサイト及びシステム開発紛争

    ・交通事故

    ・学校事故

    ・日常生活事故

    ・犯罪被害

    ・債務不履行

    刑事事件・コンプライアンス

    ・知的財産権侵害、インターネット犯罪など

    ・その他一般刑事事件

    ・コンプライアンス問題

    一般民事事件

    ・民事訴訟、任意交渉及び法律相談

    その他家事事件、労働事件、行政事件など

    法律相談、任意交渉、調停、審判、訴訟など。

    リーガルグラフィックなどコンテンツ制作

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)はウェブサイトなどをはじめとして、リーガルコンテンツの制作・発信に積極的です。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の特徴を教えてください

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の実績について教えてください

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、リツイート事件最高裁判決をはじめとした、著作権、インターネット、知的財産権、コンテンツ法分野の争訟業務について実績を有します。また、法令調査やリーガルアドバイスなどの業務分野においても、幅広く対応経験がございます。

    コンテンツ関連法制の研究や普及活動を行っていますか?

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、著作権・知的財産権・インターネット法・コンテンツ法分野の法令知識を常にブラッシュアップするため、各種学会・研究会に所属して研究し、セミナーや勉強会、メディアコメントなどで法律・知的財産権法の普及活動を実践しています。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、「コンテンツ」の背景知識にも通暁していますか?

    弊所弁護士齋藤理央は、「クリエイト」をキーワードにする弁護士です。弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、コンテンツを実践し、「著作権・商標権・不正競争防止法などの知的財産権」と、「コンテンツの法律問題」を特重点分野としています。その他、「ウェブ・デジタル・インターネット領域の法律問題」、「クリエイト、キャラクターや広告の法律問題」などを特徴的取り扱い分野としています。

    コンテンツの実践によりコンテンツとビジネスの関係の理解に努めています!

    実際に重点分野について、知的財産権法専門裁判所での訟務や、任意交渉、契約書作成・確認、商標出願などの業務経験を有しています。このように「コンテンツ法分野」を重視しています。

    知的財産権の中でも著作権案件についてはウェブ・インターネットが関与する複雑難解な事件にも意欲的に取り組んだ実績があります。

    また、クリエイトをキーワードにする弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、法律情報の視覚的伝達にも積極的に取り組んでいます。

    さらに、中央区及び隣接区市、近隣区市の交通事故など損害賠償事案や刑事手続、企業法務など地域の法律問題にも幅広く対応しています。

    取扱業務の特徴(著作権・知的財産権・ウェブデジタル領域を重視)

    弁護士齋藤理央 iC法務は、著作権、知的財産権、ウェブ・デジタル紛争などを特徴的取り扱い分野とする弁護士です。

    例えば争訟代理業務においては、民事訴訟のほか知的財産権法専門部での知財争訟の取り扱い実績が複数あるなど著作権をはじめとした知的財産権、ウェブデジタル領域争訟の解決に特徴があります。このように、弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は取り扱い法務全般において著作権、知的財産権、ウェブ・デジタル紛争などを重視しています。

    特に著作権法など知財とインターネットの分野は、まだまだ未知の論点もある先端法領域です!

    その他の法分野

    争訟代理業務においては、交通事故や学校事故、名誉毀損など一般的な損害賠償法務も取り扱い実績があります。事故や事件等の賠償問題についてもお気軽にご相談ください。

    損害賠償、差止などの任意交渉・民事訴訟など争訟代理及び紛争解決法務や、契約書の作成・確認など予防法務、その他、労務・組織・ファイナンス・コンプライアンス・不祥事対応・刑事弁護など一般的な法律事務を取り扱っています。

    リーガルグラフィック

    クリエイトをキーワードにする弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の特徴は、法律と視覚表現の融合を志向する点にあります。

    この法律情報の視覚表現伝達を弊所では、「リーガルグラフィック」と称しています。このリーガルグラフィックと相性の良い業務分野として、訴訟業務、セミナー勉強会、リーガルコンテンツ制作などに力を入れています。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、著作権や知的財産権、ICTなどの重点取り扱い分野たるiC法務及び、交通事故、損害賠償、刑事事件、その他各種一般民事、家事、行政事件のうち視覚表現が事案解決に適した類型の事案・訴訟などの業務について、視覚表現も併用した情報伝達を研究しています。

    中央区や隣接区市・近隣区市の地域法務

    中央区銀座に位置するオフィスに東京都内や近隣県からもアクセスよくご来所いただけます。

    IC法務のほか、交通事故をはじめとする損害賠償事案や、刑事手続関連事案などを扱い、その他離婚相続など家事、一般民事などにも対応することができます。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、中央区銀座に立地する事務所にご相談いただけます。

    そこで東京都民の皆様からアクセスしやすい立地になっています。

    また、中央区隣接区などからの法律相談・案件受任についても積極的に対応しています。

    そこで、著作権をはじめとする知的財産権、デジタル・インターネット事案、交通事故・損害賠償事案など弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の重点取り扱い分野については、案件の受任にメリットも見込まれますので、ぜひご相談もご検討ください。

      インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

      ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

      業務に関する情報発信(更新順)

      発信者情報開示請求業務について

      インターネット上の匿名アカウントを特定することで今後の違法行為を可及的に予防し、責任追及を可能にするのが発信者情報開示請求の手続きです。 インターネット上の誹謗中傷被害や風評被害対策に法的措置とる場合、多くのケースで発信 […]

      知的財産権業務

      特許権・実用新案権・意匠権・商標権は特許庁による、育成者権は農林水産省による登録を経なければ権利化できません。また、特許庁や農林水産省による査定や審決については、不服申立ができます。このように、出願登録・審判対応など知的 […]

      知的財産権侵害・サイバー犯罪の刑事弁護

      ご連絡について 知的財産権法/サイバー犯罪を巡る刑事弁護業務について弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)にご依頼の場合は、お気軽にお問い合わせください。

      ファッションロー

      ファッションローとは、ファッションを巡る知的財産権をはじめとした法領域の業務です。 ファッションと知的財産権の問題、その他ファッションと法律の問題で何かお悩みの際はお気軽にご相談ください。 ファッションローに関連する情報 […]

      コンテンツiP業務について

      コンテンツは、多くのiP(知的財産)の集合体です。 昨今、コンテンツiP(知的財産)を通したビジネスがますます活発になっています。コンテンツを保護し、マネタイズする際に媒介になるのがコンテンツに含まれるiPを客体として成 […]

      知的財産権訴訟の代理業務

      知的財産権訴訟について弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は代理業務を承っています。 知的財産権訴訟は知財専門部で行われる専門性の高い訴訟類型です。弁護士齋藤理央は知財高裁、東京地裁知財部など専門裁判所での訴訟業務に […]

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law) 業務内容

      弁護士齋藤理央は、著作権などのコンテンツiP(知財)、インターネットトラブルなどの情報法分野における紛争対応、契約問題、法的助言などのiC法務を中心に業務を行っています。また、重点分野であるiC法分野に留まらず、交通事故 […]

      紛争対応業務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は著作権をはじめとする知的財産権やインターネットを巡る紛争の解決を得意とする弁護士です。また、交通事故などの損害賠償、その他広く紛争対応の経験があります。 iC法務の紛争対応業務 […]

      環境や農水を巡る法務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、環境・農業などを巡る法律問題を取り扱っています。 環境争訟・環境法コンプライアンス(相談(カウンセリング)・調査(リサーチ))、農業をめぐる法律問題などについてお困りの際はお気 […]

      スポーツ・レジャー中の事故<ダイビング・登山・海難等>

      スポーツ・レジャー中の事故 スポーツやレジャーの中には,高山や海中など,そもそも人間の生命維持が困難な自然環境の中で行われるものも,存在します。例えば、スカイダイビング・登山・スキューバダイビングなど,基本的には安全に楽 […]

      民事訴訟業務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、民事訴訟等※)代理業務を受任しておりますので、訴訟提起(訴える場合)あるいは応訴対応(訴えられた場合)について必要があればご相談ください。 ※)保全や執行及び行政不服申立を含 […]

      グーグル/Google社に対する発信者情報開示などGoogleサービス上のトラブルに対する法的対応

      Googleマップ上のクチコミや、検索結果、YouTubeなどで権利侵害などのトラブルが生じた場合、グーグル/Googleに対する発信者情報開示、削除請求をする場合、原則的に米国グーグル社(Google LLC)を相手方 […]

      メールフォーム

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)にご相談、お問い合わせがある際は、下記のメールフォームをご利用ください。 メールフォームの受付け時間について メールフォームは24時間365日受け付けてますが、返信にはお時間をいた […]

      博物館法務

      博物館の管理・運営で法律問題が生じた場合、弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)にご相談ください。 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)について 博物館学芸員資格保有 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、早 […]

      <企業・法人>弁護士法務顧問契約のご案内[費用や提供内容について]

      無断転載・著作物の無断利用/インターネット上の著作権等侵害対応<海賊サイト・まとめサイト・一般サイトまで >

      インターネットの発展により誰でも自由に情報発信ができる時代が来ました。そして、著作権の保護客体となるイラスト、写真、映像、漫画、記事、ストーリーなどの作品は、インターネット上で創作から消費までその一生が完結します。このよ […]

      個人事業主(フリーランス)向け法務

      インターネットの発展によりクリエイター、Vtuber、インフルエンサーなどのフリーランスの活躍の幅が広がっています。また、フリーランスの活動を保護する法律は多くあり立場の弱い個人事業主こそ法律を活用すべきです。弁護士齋藤 […]

      所属事務所

      今井関口法律事務所/Sekiguchi & Imai Law Office〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目10番8号 第五太陽ビル6FTel : 03-6426-5420 ※令和4年9月1日に弁護士齋藤 […]

      iC弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の特徴

      インフォメーション、インターネット、iP、コミニュケーション、コンテンツ、コマーシャルなど、情報(information)とCommunicationの法律問題(=iC法務)を重視しています。 インフォメーション、インタ […]

      著作権をはじめとするコンテンツiPなどコンテンツに関する法律問題

      法律専門家である弁護士を関与させることで、コンテンツiPなど知的財産権保護を適正に行える可能性が高くなります。また、紛争発生を可及的に予防し、万が一紛争となった場合も可能な限り迅速かつ有利な解決を志向します。弁護士齋藤理 […]

      弁護士齋藤理央

      所属 所属弁護士会 2010年 東京弁護士会 弁護士登録 以降現在まで東京弁護士会所属 所属事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目10番8号 第五太陽ビル6F 今井関口法律事務所/Sekiguchi  […]

      発信者情報開示請求や送信防止措置などTwitter/ツイッターでのトラブル解決

      Twitter/ツイッターは日本で4500万人のユーザーがいると言われる最大規模のSNSです。情報流通基盤として重要性が高い一方、ユーザーが多いこともありトラブルも多く発生しています。例えば、発信者情報開示の請求件数は世 […]

      広報・PR・広告・SNS、ウェブサイトなど企業の情報発信を巡る法務

      ウェブサイト、インターネット広告、広報など企業の情報発信に際して問題となる権利処理の問題や、契約書確認、契約書作成、規約作成、規約確認などの法務積極的に取り扱っています。特にインターネット領域の情報発信に注力しております […]

      ご連絡について

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、メールや電話など複数の連絡窓口を設けています。適宜の連絡方法をご選択ください。 メールフォーム メール 下記メールアドレスまでメールで連絡を頂くことができます。メールアドレスは […]

      知的財産IT法分野費用

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の、著作権など知的財産権法や、インターネット法務に関する法律相談、案件受任時の着手金報酬金などの弁護士費用についてご案内しています。 法律相談 一般法律相談 企業・事業主(ビジネス […]

      弁護士報酬

      法律相談 一般(スポット)法律相談 企業・事業主(ビジネス)法律相談(紛争案件を含む) 1時間 33000円(税込) 個人・一般法律相談 1時間まで 11000円(税込) その後30分ごとに 5500円(税込) 個人・訴 […]

      米国法人に対する発信者情報開示

      ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、YouTube、Google(Googleマップ・クチコミ)などで権利侵害を受けている場合、運営会社は米国法人ですが、発信者を特定するための手続きを日本国内で対応することが可能 […]

      インスタグラム/Instagram上の権利侵害に対する法的対応(発信者情報開示・削除請求)について

      SNSインスタグラム/Instagramとは インスタグラム/Instagramは、主に写真を投稿するウェブサイトで、日本でも高い人気を誇るSNSです。 特にインスタグラムは、若年層(特に女性も利用者が多いSNSという特 […]

      弁護士による企業の風評被害、炎上対応

      グーグルマップ(Googleマップ)をはじめとするウェブ上の口コミやSNS,掲示板などでの投稿による風評被害や炎上について、インターネット上の権利侵害に幅広く対応経験のある弁護士が担当いたします。 企業イメージやブランド […]

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)

      インターネット上の権利侵害に対する削除(送信防止措置)請求

      インターネット上で誹謗中傷などで名誉毀損・プライバシー権侵害など人格権を侵害された場合、著作権・商標権その他知的財産権を侵害された場合,法的に情報の削除や、情報発信者を特定するための情報の開示を請求できる場合があります。 […]

      インターネット上のトラブルに対する対応業務

      インターネット上では権利侵害をはじめとした様々なトラブルが問題となります。 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、誹謗中傷、なりすまし、口コミ汚染、無断転載問題、ネットストーカーなど様々なインターネットトラブルにつ […]

      取扱業務の概要について

      得意な法律事務分野を教えてください 概要、以下の分野の法務に重点を置いています。 コンテンツ関連知的財産権(権利侵害対応、コンプライアンス・契約問題・出願登録)法務などコンテンツ・ロー 著作権をはじめとするコンテンツ知財 […]

      刑事弁護業務

      警察に捜査を受けたり、検察官に刑事裁判(厳密には刑事訴訟と言います。)にかけられた場合に必要になるのが刑事弁護人です。警察などの捜査機関からの捜査や、刑事裁判などにおいて依頼人を護り、助けになるために刑事弁護人が存在しま […]

      リーガル・グラフィック

      リーガルグラフィックとは何ですか? リーガルグラフィックは、法律情報のインフォグラフィックです。弊所はクリエイト系弁護士として法律情報の視覚的伝達を志向し、これをリーガルグラフィックと銘打ち、重視しています。 弁護士齋藤 […]

      各種損害賠償

      著作権侵害、知的財産権侵害、インターネット上の権利侵害等、交通事故・日常生活事故・学校事故・レジャー事故など各種損害賠償案件について弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は幅広く対応実績があります。 知的財産権侵害とは […]

      インターネット上の権利侵害に対する損害賠償請求

      インターネット上では様々な権利侵害が発生します。 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、無断転載問題をはじめとして、誹謗中傷、なりすまし、口コミ汚染、ネットストーカーなど様々なインターネットトラブルについて損害賠償 […]

      コンテンツに対する権利侵害などコンテンツ関連争訟の解決業務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、コンテンツに対する権利侵害などのコンテンツをとおして発生するトラブルについて解決をサポートしています。 コンテンツ上の権利を侵害された場合や、コンテンツをとおして権利を侵害され […]

      META PLATFORMS, INC./メタプラットフォーム・インクに対する発信者情報開示等法的対応(Instagram・Facebook)

      Instagram(インスタグラム)・Facebook(フェイスブック)などを運営するのが世界有数のインターネット・プラットフォーム事業者[META PLATFORMS, INC./メタプラットフォーム・インク]です。 […]

      契約に関する業務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、コンテンツをめぐる著作権や知的財産権などが問題となる契約締結の代理交渉、契約書の作成、契約書の確認、契約を巡る法的アドバイスなど契約に関する業務を取り扱っています。 契約締結に […]

      コンテンツを巡る法律事務(コンテンツ・ロー)について

      コンテンツを巡っては創作段階から配信、利用、消費の段階まで多くの利害関係人が関係し、紛争に至る可能性を秘めています。そこで、契約段階から専門家を関与させて無用な紛争を未然に防ぐとともに、発生してしまった紛争を専門家関与の […]

      コンテンツビジネスを巡る産業財産権法務

      コンテンツの利活用を巡っては、著作権を初めとする知的財産権法に強い留意が必要です。ここでは著作権以外の商標権、意匠権、特許(実用新案)権の産業財産権とコンテンツの利活用について説明します。 商標法や意匠法、時に特許法など […]

      海難事故

      海難事故の法律相談 船舶の事故など、海上、海中の事故において、当弁護士では、任意交渉や訴訟における、損害賠償金の請求や保険金給付請求業務を取り扱っております。 海難においては主に船舶などをとおして、船舶同士の衝突や、接触 […]

      教養(教育・情報)コンテンツ法務

      教育系コンテンツや、ニュース・観光など情報系コンテンツは、コンテンツのメインストリームといっても過言ではありません。そうした教養系コンテンツは、エンターテイメントコンテンツ(娯楽の範囲に属するコンテンツ)と併せてコンテン […]

      エンターテイメント・コンテンツ法務

      エンターテイメント・コンテンツは、コンテンツ振興法2条に定義される「娯楽」の範囲に属するコンテンツです。コンテンツ振興法は、娯楽のほか、「教養」の範囲に属するものをコンテンツの定義にしていますが、弊所ではこれに広告・商業 […]

      交通事故被害の損害賠償業務

      交通事故案件を弁護士に依頼するメリット 適切な賠償額へ至りやすい 損害保険会社は、多くの交通事故案件の示談代行を行っています。その意味で、交通事故被害者の無知や不安な心理を良く知っており、そうした無知や不安に付け込んで適 […]

      スキューバダイビング事故

      スクーバダイビング(スキューバダイビング)における事故で、問題となる争点は様々ですが、殆ど必ず問題となるのは、過失と損害論です。 スキューバダイビングのリスク 平成16年 5月28日大阪地裁判決(平13(ワ)4429号  […]

      法律相談

      法律相談のメリット 例えば、争いごとや契約問題などで困ったとき法律の専門家に相談することで専門的な知見のもとアドバイスを得ることができます。 裁判を起こしたいとき、裁判になりそうなとき、権利を侵害されたとき、反対に権利を […]

      著作権関連業務

      クリエイトなどコンテンツの実践をとおしてコンテンツの理解を深め、創作や創作の商業利用と法律の問題を重視する弁護士齋藤理央 iC法務は、創作をダイレクトに保護する著作権法を重点業務分野としています。 取扱業務 デジタル著作 […]

      交通事故業務案内

      交通事故案件を弁護士に依頼するメリット 適切な賠償額へ至りやすい 損害保険会社は、多くの交通事故案件の示談代行を行っています。その意味で、交通事故被害者の無知や不安な心理を良く知っており、そうした無知や不安に付け込んで適 […]

      クリエイト&ロー

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、エンターテイメントコンテンツを発信するなどユニークなPR活動を行っている弁護士です。 クリエイトandローとは 創作過程における法的検討を内容とするコンテンツです。RSCスタジ […]

      このサイトについて

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)サイトは、実際の弁護士、弁護士としての活動から得られた生きた法律・司法系統のコンテンツ配信を中心にしています。また、キャラクターやエンターテイメント・コンテンツなども一部配信してい […]

      取扱業務

      IC法務分野で質の高いリーガルサービス 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、著作権、知的財産権、コンテンツ法務、クリエイト保護、インターネットウェブデジタル紛争領域を意味する、「IC法分野」で、クリエイター、コン […]

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)とコンテンツ配信について

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)のコンテンツ発信に関する考え方を教えてください 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、リーガルコンテンツをはじめとしたコンテンツ発信に積極的です。 弁護士齋藤理央 iC法務( […]

      クリエイト系弁護士・弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の特徴

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、クリエイトをとおして背景知識に通暁したコンテンツ関連法務や、著作権などのコンテンツ関連知財、インターネット・トラブル、法律情報の視覚的伝達、損害賠償、刑事弁護(サイバー犯罪・知 […]

      IT・WEB・デジタル法務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、インターネットや、ウェブ紛争、デジタル紛争の法律問題を取り扱っています。 著作権をはじめとする知的財産権法とウェブやインターネット、デジタル紛争が関係する場合はもちろん、名誉毀 […]

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)からのお知らせ一覧

      下記に事務所からのお知らせを一覧で表示しています。詳細を確認したい事項についてはリンク先をご参照ください。お知らせの詳細が記載されています。

      クリエイトと弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)(コンテンツ・IP研究)

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)はコンテンツと関わりの深い弁護士です。このことから、コンテンツの背景にある社会的事象にも通暁した上で、コンテンツ法務を提供することを志向しています。 コンテンツと関わりが深いという […]

      IC法務実績

      有事法務 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、有事(臨床)法務分野(紛争が顕在化した場合の紛争解決業務)のIC法務案件において、複数の実務実績を有しています。 訴訟 知的財産権法専門裁判所での審理を中心に数十件の […]

      コンテンツ領域の法律問題

      法律において、「コンテンツ」とは、『映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、 コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機 […]

      企業法務・ビジネスロー

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、コンテンツをビジネスに利活用する会社法人、個人事業主など企業を中心に、契約問題や著作権、知的財産権、情報法などのリーガルサービスを提供しています。 会社、その他の法人、クリエ […]

      契約・相談・調査などの事務弁護士業務

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、IT× 知財分野を中核に幅広く、企業向顧問・アドバイス・契約に関するリーガルアドバイス及びリサーチなどの業務を提供しています。 著作権・知的財産権・IT法務(景表法・特商法・個 […]

      コンテンツを巡る労務・組織・ファイナンス

      会社法、組合などの組織の問題や、労働法など創り手内部の人・雇用の問題についてご相談をお受けしております。特に著作権をはじめとする知的財産権法の権利処理やデジタル成果物などが関係する雇用関係、労働問題を重視しています。 ま […]

      コンプライアンス・不祥事対応・刑事弁護

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)ではコンテンツ事業に関連して、創作を巡って遵守しなければいけない規定の問題や、配信を通じて第三者の知的財産権を侵害しないかの確認などコンプライアンスに関する業務を取り扱っています。 […]

      『キャラクターがトレード・マーク』の弁護士です

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、オリジナルPRキャラクターがトレード・マークの弁護士です。 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、キャラクターを重視したコミニュケーションを実践しています。 弁護士齋藤 […]

      家事事件取扱案内

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の、離婚や遺産相続など家事事件に関する取扱をご案内しています。 離婚・不倫 弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、中央区や隣接区市の皆様の離婚や不倫に関する案件を取り扱って […]

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)コンテンツ

      サイトマップ(全記事一覧)

      サイトカテゴリー一覧

      図書館法務

      図書館を巡る法律問題について弊所にお気軽にご相談ください。

      業務実績

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)の業務実績をご紹介しています。

      交渉業務

      紛争解決交渉 著作権をはじめとする知的財産権、コンテンツ(キャラクター、ストーリー、映像、グラフィック、音楽、ゲーム、サイトなど)を巡って発生した紛争の解決へ向けた示談交渉を代理して行います。また、交通事故など損害賠償や […]

      対応地域

      弊所に著作権・知的財産権案件をご依頼いただくメリット 東海・北陸地方、東北地方、北海道、東京高裁管内(広域関東圏)の著作権・知的財産権案件(おおまかにいうと、日本列島の上半分の著作権案件)は原則的に東京地方裁判所知的財産 […]
      TOP