I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権など知的財産権やインターネットと法の問題を重視しています。

ディズニー、マリオ、トムとジュリーなど、世界的なキャラクターからご当地のゆるキャラまで世の中には無数のキャラクターが存在しています。キャラクターについて中心的に問題となる法律も知的財産権法だけでも著作権法、商標法、不正競争防止法と多岐に渡ります。

I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央は、自らキャラクターをデザインする等キャラクターに関する知識が豊富です。もし、キャラクターに関係する法律問題でお困りでしたら、お気軽に弊所までお問い合わせください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

    キャラクター関連法務の内容

    キャラクター関連紛争

    第三者の無断使用

    典型的にはキャラクターの無断使用を巡るトラブルです。もし、キャラクターが無断で第三者に利用されていた場合、I2練馬斉藤法律事務所にお気軽に御相談ください。

    一般的には著作権侵害が問題になりますが商標登録していれば商標権侵害、著名なキャラクターであれば不正競争防止法違反も問題になり得ます。

    無断利用者に対して差止や損害賠償請求などの民事請求、悪質な場合は刑事告訴などの対応も検討できます。

    契約者同士のトラブル

    キャラクターを巡って共同事業等を契約した契約者同士で契約違反などのトラブルが生じた場合です。この場合、法令だけでなく契約書の内容も紛争解決に大きく影響を与えます。そこで、まずは、キャラクターを巡る契約書などをお見せいただいたうえで、法律相談を実施することを推奨しています。

    キャラクターを巡る契約問題や法律調査・相談業務

    キャラクターの利用許諾契約や、商品化契約、販促に関するビジネス利用契約等の契約問題や、キャラクターの利活用に関して問題となる法令調査、法的アドバイスなどが必要な場合お気軽に御相談ください。

    キャラクターの保護を弁護士に相談するメリット

    法律事務所は、無制限な訴訟代理権を有します。実際に弊所も東京地方裁判所等で、著作権を中心に知的財産権を争点とする訴訟案件を複数取り扱っています。このような処理経験から訴訟から巻き戻した契約書チェック、契約条項の作成を行うことで、紛争を可能な限り未然に防ぎ、また、権利侵害に対しては迅速に対応するように心掛けます。このように、紛争予防から紛争解決までワンストップで担当できることが、弁護士にキャラクターの保護を相談するメリットのひとつとなり得ます。

    キャラクターを保護する法律

    物語のキャラクター、ゆるキャラなどのキャラクターは、著作権法、商標法、不正競争防止法、さらに意匠法など複数の知的財産権保護法制で保護され得ます。

    著作権法によるキャラクターの保護

    キャラクターのグラフィカライズとしては、一般的に頭身のイラストなどが主流です。これは、人でいうと肖像に当たりその肖像は、顧客吸引力を有します。しかし、キャラクターの肖像にダイレクトに法的保護を与えた判例はなく、著作権等による保護が検討できます。

    すなわち、キャラクターのグラフィック、イラストレーションはそれ自体まず、美術の著作物に該当します。したがって、著作権法による保護の対象となります。

    このようにキャラクターにはキャラクター特有の法律問題も包含されています。

    商標法によるキャラクターの保護

    また、キャラクターのグラフィック、イラストレーションはそれ自体「標章」に当たりますので、特定の商品、役務と紐づけられることで商標に該当し得ます。商標法の保護の対象となり得ます。

    不正競争防止法によるキャラクターの保護

    また、著名なキャラクターの場合、不正競争防止法にいう「商品等表示」に該当すると判断された裁判例があります。この場合、不正競争防止法上の保護も受け得ることになります。

    キャラクターと知的財産権法

    このようにキャラクターは著作権法、商標法、不正競争防止法によって保護され、権利侵害に際しては全ての法律に基づく請求がなされることも少なくありません。

    さらに、特定の商品等のデザインに組み込まれることで、意匠足り得、意匠法により保護され得るなど他の知的財産権法による保護を受ける場合もあります。

    キャラクターの使用用途、保護対象の設定を踏まえて戦略的な法務が期待されます。

    各種知的財産権を駆使して、キャラクターの保護を戦略的に構築することで、収益性向上が期待できます。

    キャラクターの保護と商標権−商標登録によるキャラクター使用の保護

    キャラクターの保護を十全にする場合、商標権による保護も検討し得ます。

    キャラクターイラストも、「図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合」と言えますので、「標章」足り得ます。そこで、商標登録することで指定商品・役務について、下記の使用など商標法上の「使用」概念に該当する行為を排他的に独占することができます。

    ① キャラクターを商品化すること。
    ② 商品の包装・パッケージにキャラクターを表示すること。
    ③ ①・②の商品を譲渡し、引き渡し、展示し、インターネットを通じて提供すること。
    ④ サービス業において、サービス提供の際にその提供を受ける者の利用に供する物にキャラクターを表示すること(例えば、封筒や便箋にキャラクターを表示すること。)。
    ⑤ また、④のキャラクターを表示した物品を使ってサービスを提供すること(実際にキャラクターを表示した封筒を使って郵便物を郵送することなど)。
    ⑥ ④を、展示すること。
    ⑦ 役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該役務の提供に係る物にキャラクターを表示する行為。
    ⑧ 商品若しくはサービスに関する広告、価格表若しくは取引書類にキャラクターを表示して展示したり、インターネットでキャラクターを表示したウェブサイトを公開すること。
    ⑨ 映像面を介した役務の提供に当たりその映像面にキャラクターを表示すること。

    I2練馬斉藤法律事務所の特徴

    キャラクターは様々な知的財産権で保護されます。また、インターネットをはじめとするデジタル媒体、冊子や商品へのプリントといった伝統的な媒体と様々な媒体を媒介として表示されます。

    弊所弁護士齋藤理央は、キャラクター作成やキャラクターグッズの製作など、キャラクター制作の実際や、キャラクターの商業利用などの背景知識を得ることも志向し、そうした背景知識も活かした法律相談や案件処理を心掛けています。

    法律知識はもちろんのことこれに留まらない周辺知識の習得も心掛けている弁護士に相談、依頼できることが弊所をご選択いただく際のメリットと考えます。

    キャラクターメイキングと法

    I2練馬斉藤法律事務所は、キャラクターメイキングの実践を通して、IPやキャラクターを研究しています。

    キャラクターメイキングと法律トピック−パテント・トロール編−

    I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京PRキャラクターが登場しました。 事務所PRキャラクター“IPモンスターズ”のご紹介 https://t.co/5fZ8lAJZYO pic.twitter.com/qaN70e7Kiy — 弁護士齋藤理央 (@b_saitorio) September 11,...

    キャラクター法務の内容例

    権利の取得

    商標法や意匠法など産業財産権でキャラクターを保護したい場合、出願・登録が必要になります。キャラクターの権利出願、登録についてご相談に乗ることや、代理で手続きを行うことが可能です。

    利用許諾・譲渡契約

    キャラクターの権利(著作権・商標権・意匠権等)を第三者に使用許諾し、あるいは譲渡することで対価を得ることが出来ます。このとき、第三者との間で利用許諾契約、譲渡契約をきちんと合意して、取り決めを書面化しておくことが大切です。相手との条件交渉、合意内容の書面化(契約書作成)について弊所がお手伝いさせていただきます。

    侵害対応

    キャラクターの著作権や、権利付与された商標権など知的財産権を第三者が侵害している場合、あるいは相手方の行為が不正競争行為に当たる場合など、相手方に警告書を発し、あるいは訴訟を提起するなどして権利を実現していく必要があります。このように紛争化した場合、弁護士が代理人として示談交渉、訴訟代理を承ります。

      インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

      キャラクターの独占的利用権の侵害−チェブラーシカ裁判

      令和2年6月25日東京地方裁判所判決(事件番号平成30(ワ)18151損害賠償請求事件)は、ロシアの人気キャラクター『チェブラーシカ』の独占的利用権侵害が争点となった事案です。 結論として一審裁判所は、独占的利用権の侵害を認めませんでした。 目次1 事案の概要1.1 原告(米国会社)1.2 被告(日本組合)...

      ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

      キャラクターを媒介とした、混合惹起行為、著名表示冒用行為が認められるのか、という問題があります。この点、ポパイのキャラクターが商品等表示にあたると判断した下記判例が参考になります。 同判例において、キャラクターという抽象概念について、商品等表示として不正競争防止法による保護が示唆されています。もっとも、不正...

      マリカー事件中間判決とキャラクターの不正競争防止法による保護

      マリカー事件中間判決で、知財高裁でも不正競争防止法違反が肯定されました。 #任天堂 #プレスリリース 公道カートのレンタルサービスに伴う当社知的財産の利用行為に関する 知財高裁判決( #中間判決 )について https://t.co/WOeFfHwmNn — 弁護士齋藤理央 (@b_saitorio) Ju...

      役務(サービス)提供におけるキャラクター標章の使用場面

      キャラクターは、その言動を含んだコンテンツによって認知度や好感度を高めていきますが、ビジネスの場面ではそのイラストなど「標章」をとおして利用されることが一般的です。 目次1 役務の提供の場面2 広告利用2.1 商標法2条3項8号 3 役務提供者側の所有管理する物品3.1 標章を付する行為3.1.1 商標法2...

      しんじょうくんとちぃたん☆を巡る紛争事例〜ゆるキャラと法的紛争の一事例

      目次1 事案の流れ1.1 法的手続の開始1.2 公開されいている須崎市の主張書面1.3 東京地裁判断1.4 知財高裁の判断2 公益著名商標とゆるキャラ 事案の流れ 法的手続の開始 高知・須崎市、ゆるキャラで要請 「ちぃたん☆」の活動やめて(共同通信) – Yahoo!ニュース https://t...

      関連記事一覧