警告書作成、発送

特許法違反、実用新案法違反、商標法違反、意匠法違反、不正競争防止法違反などの事例に対して警告書を発送することができます。

回答書作成、発送

逆に警告書が来た場合、警告書の内容に対して回答書を作成して相手方に回答する際、回答書の起案・代理発送を承ることができます。

関連記事一覧

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP