I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権などコンテンツ関連知的財産、契約問題などコンテンツ・ローやインターネット争訟の解決を重視しています。

携帯電話キャリアであるソフトバンク/SoftBankに対する発信者情報開示について情報を記載しています。

携帯電話キャリアの位置づけ

携帯電話キャリアは、インターネットサービスプロバイダとして携帯電話、スマートフォンからのインターネットアクセスを供給します。この時、IPアドレスなどの通信元を識別するための論理値を発行するため、IPアドレスとタイムスタンプから携帯電話の契約者の氏名住所などを特定し、ひいては発信者を特定できる可能性があります。

SoftBank(ソフトバンク)の発信者情報開示に対する対応

SoftBank(ソフトバンク)は、発信者情報開示に対して協力的ではありません。

SoftBank(ソフトバンク)に対しては、原則的に訴訟などの法的対応が必要になることが多い印象です。実際にも、SoftBank(ソフトバンク)に対する発信者情報開示を求める裁判例は散見されます。

SoftBank(ソフトバンク)とTwitter、Instagramなど米国SNSからの開示

SoftBank(ソフトバンク)は、現在接続先IPアドレスについてコンテンツプロバイダから開示された情報がない限りアクセスログの調査自体しないという態度をとっています。ドコモやKDDIなどの他の携帯電話キャリアについては情報を開示しない場合も保全措置はしてくれるため、プロバイダの社会的責任の大きさを考えると、個人的には問題のある調査態度であると考えています。

いずれにせよ、SoftBank(ソフトバンク)は、コンテンツプロバイダから開示された接続先IPアドレスがない限り、裁判所からの調査指示がない限り、アクセスログの調査も保全もしません。ところで、TwitterやInstagramなどの海外SNSコンテンツプロバイダは接続先IPアドレスの情報自体取得しておらず開示には応じません。

そうすると、米国SNSなどの場合、SoftBank(ソフトバンク)がアクセスログの調査自体をするのが消去禁止仮処分を申し立てて裁判所から調査の指示があったタイミングが最速ということになります。

したがって、米国SNSの場合、米国SNSから仮処分命令によって開示を受けた後、消去禁止の仮処分申立後、最初の審尋期日指定までを3ヶ月以内に収めないといけないことになります。とても厳しい時間制限となりますので、米国SNS上の権利侵害についてはなるべく迅速にご相談いただくことをお勧めいたします。

発信者情報開示請求の請求先

SoftBank(ソフトバンク)は、発信者情報開示の請求先を下記のとおり公表しています。訴状などの郵送先住所とは異なりますので、ご注意ください。

https://www.softbank.jp/corp/aboutus/public/provider/

発信者情報開示請求等の送付先

住所 〒135-0061
東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント
ソフトバンク株式会社 お客様相談室 インターネットセキュリティチーム 宛

SoftBank(ソフトバンク)に対する発信者情報開示請求訴訟を棄却した裁判例

令和 2年 2月20日東京地裁判決(令和元年(ワ)14446号発信者情報開示請求事件)は、インスタグラムにおけるログインの際の、令和 2年 2月25日東京地裁判決(令和元年(ワ)19689号発信者情報開示請求事件)は、ツイッターにおけるログインの際のソフトバンクを経由したインターネット通信における発信者情報の開示が問題となった事案です。

各事案においてソフトバンク側は、投稿から時間的に離れたログインの際に送信された情報と紐づく契約者情報について発信者情報に当たらないと指摘し、裁判所もこれを認めて請求を棄却しています。

このように、ソフトバンク側は訴訟においても法的な疑義については的確な反論をしてくることがあります。

I2練馬斉藤法律事務所の発信者情報開示及び削除請求業務

I2練馬斉藤法律事務所では、携帯電話キャリアに対する発信者情報開示の取り扱い実績がありますので、お気軽にご相談ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権法やインターネットトラブルの解決などコンテンツ関連法務や法律情報の視覚的伝達に特徴がある法律事務所です。

    関連記事一覧