I2練馬斉藤法律事務所は、発信者情報開示に加えて(あるいは別に)、インターネット上で権利を侵害する侵害情報について削除(送信防止措置)を請求する業務を、代理して承っています。

目次

削除(送信防止措置)請求

インターネット上で著作権・商標権その他知的財産権を侵害された場合,法的に情報の削除や、情報発信者を特定するための情報の開示を請求できる場合があります。
また、信用棄損・企業の社名、ロゴなどを用いたなりすましなどにより、企業の法的保護に値する権利を侵害された場合も、同様です。
権利を侵害する情報の削除請求は、より直接的な権利救済の手段になり得ます。

削除(送信防止措置)請求と発信者情報開示請求の関係はどのようなものでしょうか

発信者情報開示は、その後の損害賠償請求などに不可欠の前提となります。損害賠償請求と発信者情報開示を同じ手続きの中で同時に申し立てることも可能です。

I2練馬斉藤法律事務所ではどのような業務を行えますか

当事務所では、インターネット上での権利侵害に対して法的に削除・発信者情報開示が請求できるケースか否かを判定(法律相談:1件15000円-)し、法的に請求が可能な場合任意交渉(1件:4万円-),或いは法的対応(仮処分:15万円-,訴訟:20万円-)を代理して行うことが可能です。

料金

任意による削除請求

コンテンツ・プロバイダ1社 4万円(税別)-
コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に2万円追加
(削除したプロバイダ毎に検索エンジンからの早期検索結果・スニペット等の削除要請プロバイダ毎に1万円追加

 削除対象 料金
 プロバイダ1社目 「4万4000円(税込)」
 プロバイダ2社目以降1社につき「2万2000円(税込) 」
 プロバイダからの削除に加えて検索結果等からの早期削除1社につき「+1万1000円(税込)」

※3社任意削除のうえ、検索エンジンに対しても削除結果の早期反映を促した場合4+1万円×1社、2+1万円×2社、総計11万円(税別)となります。

削除仮処分

コンテンツ・プロバイダ1社 16万5000円(税込)-
コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に5万5000円(税込)追加

削除請求訴訟

コンテンツ・プロバイダ1社 22万円(税込)-
コンテンツ・プロバイダ1社追加毎に11万円(税込)追加

任意による発信者情報開示代理請求費用

下記の金額で、発信者情報開示代理業務を承っています。

発信者1名かつプロバイダ1社 4万4000円(税込)-
発信者乃至プロバイダの追加 発信者乃至プロバイダ1件追加毎に2万2000円(税込)追加


発信者情報開示請求訴訟の代理費用

発信者1名かつプロバイダ1社 22万円(税込)-
発信者乃至プロバイダ追加毎に11万円追加

発信者情報開示仮処分

発信者1名かつプロバイダ1社 16万5000円(税込)-
発信者乃至プロバイダ追加毎に5万5000円(税込)追加


発信者情報開示・削除請求に関するお問合せ

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    令和4年4月14日提出[特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律施 行規則案に対する意見募集]に対する意見

    今回の規則案では、裁判例における開示傾向など近時の実務状況を踏まえるとかえって開示範囲が狭くなる。このような改正が被害者救済の名の下に行なわれるのは遺憾という他ない。 コンテンツプロバイダ(CP)とインターネットサービス […]

    FAQでわかるTwitter/ツイッターに対する発信者情報開示請求

    I2練馬斉藤法律事務所は、ツイッターに対する発信者情報開示請求、特にツイッター/Twitter上の無断転載問題については日本で唯一の最高裁判所判例を獲得しているなど、幅広く実績を有します。 Twitter/ツイッター上の […]

    東京地判令和3年7月9日・ハイパーリンクの投稿にプライバシー権侵害を肯定し、仮処分命令に従って開示しなかった点に不法行為の成立を否定した事案[発信者情報開示裁判例紹介]

    東京地判令和3年7月9日・ウェストロー掲載(文献番号2021WLJPCA07098009)は、ハイパーリンクそれ自体によるプライバシー権侵害を肯定しました。また、発信者情報開示を命じる仮処分命令にしたがわず発信者情報を開 […]

    原告ツイートのスクリーンショットを埋め込んだツイート投稿について著作権法上違法とされた事例・裁判例紹介

    令和3年12月10日東京地方裁判所判決・裁判所ウェブサイト は、原告ツイートのスクリーンショットを埋め込んだ発信者ツイート投稿について著作権法上の引用の成立が否定された事案です。 目次1 事案の概要1.1 本件 […]

    『リツイート事件』の事件後の議論状況とこれに対する私見

    目次1 公衆送信権侵害について2 同一性保持権侵害や公衆送信権侵害についての最高裁判所の立場3 幇助侵害と侵害情報の流通について4 幇助侵害成立の理論構成5 発信者情報開示請求訴訟という特殊性について5.1 インターネッ […]

    令和4年4月14日提出[特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律施 行規則案に対する意見募集]に対する意見

    今回の規則案では、裁判例における開示傾向など近時の実務状況を踏まえるとかえって開示範囲が狭くなる。このような改正が被害者救済の名の下に行なわれるのは遺憾という他ない。 コンテンツプロバイダ(CP)とインターネットサービス […]

    FAQでわかるTwitter/ツイッターに対する発信者情報開示請求

    I2練馬斉藤法律事務所は、ツイッターに対する発信者情報開示請求、特にツイッター/Twitter上の無断転載問題については日本で唯一の最高裁判所判例を獲得しているなど、幅広く実績を有します。 Twitter/ツイッター上の […]

    東京地判令和3年7月9日・ハイパーリンクの投稿にプライバシー権侵害を肯定し、仮処分命令に従って開示しなかった点に不法行為の成立を否定した事案[発信者情報開示裁判例紹介]

    東京地判令和3年7月9日・ウェストロー掲載(文献番号2021WLJPCA07098009)は、ハイパーリンクそれ自体によるプライバシー権侵害を肯定しました。また、発信者情報開示を命じる仮処分命令にしたがわず発信者情報を開 […]

    レンダリングデータの生成と著作者人格権侵害

    目次1 レンダリングデータとは1.1 GPUとビデオメモリー2 レンダリングデータが著作物を描画する過程3 リツイート事件とレンダリングデータ4 デジタル著作権のご相談について レンダリングデータとは レンダリングデータ […]

    原告ツイートのスクリーンショットを埋め込んだツイート投稿について著作権法上違法とされた事例・裁判例紹介

    令和3年12月10日東京地方裁判所判決・裁判所ウェブサイト は、原告ツイートのスクリーンショットを埋め込んだ発信者ツイート投稿について著作権法上の引用の成立が否定された事案です。 目次1 事案の概要1.1 本件 […]

    関連記事一覧

    • 関連記事
    • おすすめ記事
    • 特集記事
    TOP