コンテンツ法務

コンテンツ法務概要

コンテンツ法務は、各種媒体で配信されるコンテンツを巡るトラブルを広く含んでいます。I2練馬斉藤法律事務所で取り扱っている主なコンテンツ法務をご紹介します。

コンテンツトラブル解決(臨床法務)

コンテンツを巡って紛争となってしまった場合です。例えば、知的財産権(著作権など)侵害にあっては、権利の侵害側と非侵害側の立場があります。

権利を侵害された

権利を侵害した側のコンテンツトラブルにおいては差し止めや、損害賠償を請求していくことになります。I2練馬斉藤法法律事務所lg東京は、差止や損害賠償請求の交渉代理、訴訟代理をお引き受けできます。

また、コンテンツトラブルが発生した場合、侵害者を特定しなければならない場合もあります。その場合も、侵害者の特定の段階からご相談をお受けすることができますので、まずは、ご相談ください。

権利を侵害した

権利を侵害した側は、権利者からの請求をまって、適切なものであれば受け入れ、過大なものであれば調整を試みる必要があります。弊所では、代理交渉、訴訟代理を行いなるべくダメージの少ない形での終件を目指します。

コンテンツトラブルの解決

このように、I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では権利侵害サイド、権利被侵害サイドどちら側でも代理人として介入し、訴訟を含めてコンテンツトラブル解決に尽力しています。

予防法務・戦略法務

コンテンツ制作・コンテンツマーケティングなどコンテンツのビジネス利用の場面において、戦略段階からリーガル面でサポートします。コンテンツ戦略段階からの手厚いリーガルサービスを是非享受してください。

コンテンツトラブルや、コンテンツの制作、その他コンテンツの幅広い関連知識を有する弁護士に、コンテンツの戦略法務、予防法務を依頼できます。

臨床法務(コンテンツトラブル)からのフィードバックを反映した予防法務、戦略法務の提供を志向します。

広告戦略、コンテンツ戦略策定のレベルから、法務面でリーガルサポートを受けて、より精度の高い予防法務につなげることが可能となります。

PAGE TOP