I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は練馬駅前に所在し、著作権を中心とした知的財産権やインターネット法、損害賠償や刑事弁護、一般民事などを広く取り扱っています。

マンガについて、2次的著作物に関する最高裁判例が複数存在するなど、漫画・コミックは著作権法上様々な論点が生じる表現物です。

また、アニメはさらに動画としての表現が加わるためより複雑な表現を実現しています。

マンガやアニメに関連して、法律問題や紛争が生じた場合は、弊所へお気軽にお問い合わせください。

マンガ・アニメの構成要素

それぞれ、キャラクター、イラスト、ストーリー(漫画原作)などに分解して考えることができます。このように、漫画・コミック、アニメは複合的な表現物であり、問題になっているIPごとの法的検討が欠かせないほか、漫画・コミック・アニメの作品全体としての観察も必須と言えます。

さらに、アニメは著作権法上映画の著作物となり、著作権の帰属について特殊な法律関係が発生します。

漫画の構成要素と法務

漫画・コミックの法務は本ウェブページを参照いただくほか、個別の構成要素については下記のウェブページもご参照ください。

漫画・コミックを巡る法律問題のご相談

漫画やコミックを巡る法律問題については、弊所までお気軽にご相談ください。

関連記事一覧