CONTENTS

法律などに関するコンテンツです

コンテンツ事業も資金がなければ開始できません。

コンテンツも先立つものが必要になってきます。

コンテンツマーケティングなど、コンテンツを既存のビジネスの集客(カスタマーアトラクション)やブランディング用途で行う場合、既存事業で得た収益が資金となるでしょう。

海賊業で得た収益でサイトをつくるぜ!

また、ウェブサイトなど安価に配信できるメディアが発達している現在では準備できる資金の範囲でコンテンツを制作配信することも可能です。

絵の具があればなんだってつくれるよ!

しかし、アニメや映画など一定の資金が必要になる大規模コンテンツは、その資金を準備する必要が出てきます。

このコンテンツのための資金調達を巡り、将来の紛争を防ぐためにも資金拠出者やコンテンツ事業者の間で、将来の利益配分や出資比率などを取り決め、書面にしておく必要があります。

コンテンツの将来も見据えた、戦略的な取り決めが理想的です!

製作委員会方式

日本においてよく利用されている契約方式です。出資者が組合契約(任意組合・匿名組合など)を結びます。利益の配分についても取り決めるため本来的に金融商品取引法の対象となりますが、立法的に規制外とされています。金融商品取引法の規制を受けないためにも法令の要求にしたがった合意を形成する必要があります。詳しくはお問い合わせください。

よお、オレとお前で金を出してコンテンツをつくろうぜ!

いいけど、おれは出資は1%で取り分は99%だぞう~

ばか、それはオレだよ!

ばばっぶぶぶうう(これは合意はむりだぞ!)!

出資契約

返還合意のない資金の出資を契約します。

まず魅力のあるコンテンツの青写真が必要ですね。

会社・法人設立

出資の一形態ともいえますが、コンテンツのために会社法人を設立し資金を会社に帰属させます。

株式、合同、合資、会社も色々じゃなー。

消費貸借契約

銀行融資など、コンテンツの製作資金を借り入れによって調達します。

コンテンツがうまくお金にならないと借金だけ残るリスクを負い兼ねません!

クラウドファンディング

世間一般から資金を調達するインターネット時代の新しいスキームです。

みんながお金を出してくれるんだって!

関連記事一覧