YouTubeでは、無断転載や反対に根拠のない著作権侵害申告など様々なトラブルが発生します。では、YouTube上で著作権トラブルが生じた場合、どのように対応を採ればいいでしょうか。

YouTubeでの無断転載

YouTube上で生じる無断転載は、YouTube外のコンテンツをYouTube動画に無断転載される場合とYouTubeにアップした動画を他の動画に無断転載される場合があります。

いずれのケースも著作権侵害の可能性があります。

動画に勝手にイラスト、文章、音楽、写真、映像などが無断転載されていた場合

ウェブサイトやSNSなどで公開したイラスト、文章、音楽、写真、映像などがYouTube上の動画で勝手に利用(無断転載)されていたケースです。著作権法上の引用(著作権法32条)などの要件満たす特殊なケースでない限り著作権侵害の疑いが強いケースです。

ファスト映画、切り抜き動画など動画を勝手に無断転載された場合

ファスト映画、切り抜き動画など容認されている印象もあり、実際に公認、黙認しているYouTuberも多いですが、同意なく動画を勝手に切り抜いたり、編集してアップロードする行為は無断転載として著作権法上の引用(著作権法32条)などの要件満たす特殊なケースでない限り著作権侵害になり得ます。

YouTube上の無断転載(著作権侵害)に対する動画投稿者の特定

YouTube上で無断転載による著作権侵害の被害を受けた場合、動画投稿者を特定する必要があります。YouTube上の無断転載については、GoogleLLCを相手として発信者開示請求を申し立てるのが一般的です。

YouTube上の権利侵害に対する発信者情報開示の詳細は、下記リンク先もご参照ください。

根拠のない著作権侵害申告

著作権侵害をしていないのに、無断転載をしているなどとして、著作権侵害を申告されるようなケースです。実際に著作権侵害をしていないか専門家の確認のもと、著作権侵害の事実が認められない場合は異議申し立てをする必要があります。

弁護士齋藤理央/iCLawはYouTube上の著作権侵害に複数の対応経験があります

弁護士齋藤理央は、YouTube上の無断転載問題や、反対に虚偽の著作権侵害申告に対して対応経験があります。YouTube上の無断転載など著作権侵害を巡るトラブルでお困りの際はお気軽にご相談ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    関連記事一覧

    • 関連記事
    • おすすめ記事
    • 特集記事
    TOP