著作権争訟・著作権トラブルの解決

著作権訴訟

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、著作権に関する訴訟の経験が複数あります。避けられる訴訟、メリットの少ない訴訟は避けるべきですが、避けられない訴訟もあります。紛争解決の最終手段について経験を有しているからこそ、見える紛争解決への道筋もあります。

著作権トラブルの解決

クリエイトをキーワードにするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、クリエイトを直接保護する著作権トラブルの解決を多く取り扱っています。自身の創作した著作物の著作権を侵害された場合、あるいは、著作権の侵害について警告書、請求書が来た場合など、弊所弁護士にご相談ください。

権利侵害

著作権、著作者人格権を侵害した、されたという場合です。著作権争訟において最も多い争訟類型と考えられます。

権利の帰属

権利の帰属がきちんと合意されていない場合など、権利の帰属をめぐり争訟となる場合があります。

侵害者の特定

インターネット上の著作権侵害には多く、著作権侵害者(発信者)の特定の問題が伴います。

PAGE TOP