I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は練馬駅前に所在し、著作権を中心とした知的財産権やインターネット法、損害賠償や刑事弁護、一般民事などを広く取り扱っています。

シンボル、エンブレム、ロゴマークを巡る法律問題

シンボル、エンブレム、ロゴマークを保護するのは第一義的には商標法です。また、シンボル、エンブレム、ロゴマークが著作物に該当するケースも認められます。もっとも、シンボル、エンブレム、ロゴマークはシンプルなものも多く、著作物性が認められないケースも多いでしょう。また、商標登録をしていない場合でも、不正競争防止法による保護を検討していくべきケースも存在します。シンボル、エンブレム、ロゴマークの不正使用が発覚した場合などについて、お気軽にお問い合わせください。

商標出願登録

エンボル、ロゴマークなどトレードマークを保護するには商標登録出願を受けて、権利化する必要があります。著作権による保護は受けられる場合と受けられない場合がありますので、まずは、商標による保護を検討しましょう。

シンボル、ロゴマークの例


第三者による商標権侵害が発覚した場合

第三者が特定できる場合、当該第三者に警告書、通知書を発送し商標の使用を直ちに中止するように求めます。加えて、商標の使用に対する損害賠償請求を行う旨を告知し、その利用回数、収益などの情報をまずは任意で開示するように求めます。

もし、使用を中止しなかったり、賠償額などで折り合いがつかない場合は、訴訟提起等の法的手続きを検討しなければならないフェーズに移行します。

ロゴ・デザインメイキングと法

ロゴやデザインのメイキングと法律の問題について言及しているスペシャルコンテンツです。

ディフォルメ

語源からは新しい意味も獲得しているディフォルメという言葉。もともとはフランス語です。 日本ではキャラクターの造形などにも用いられるデフォルメという言葉。キャラクターの造形などに用いられる場合は、簡略化という意味もありそうですが、ディフォルメの語源はフランス語のdeformeという言葉だそうです。 — 齋藤理...

ウェブサイトと黄金比

Note of Float Islandのライセンスなどを販売するためのウェブサイトを現在準備中です。今回はCSSで行うレイアウト指定に黄金比の考え方を導入してみました。 黄金比というのは、1:約1.618の長方形(A4など普段見る印刷紙などもこの比率になっています。)が形として最もきれいという考え方で、パ...

デザインワーク

最近、デザインに少し興味を持っています。 デザインというのは、アートではなく、情報を伝えるための非言語コミュニケーションという考え方があり、とても共感を覚えています。 つまり、自己表現ではなく、他己表現であり、情報伝達という目的を持った言語コミュニケーションを助けるための表現ということになります。 すなわち...

デザイン

デザインとは、伝えることに主眼があります。この意味で、表現すること自体に枢要があるアート、芸術とは似て非なるものと捉えられます。 デザインはより商業的、社会的で、アートはより文化的、内省的といえるのかもしれません。そして、この方向づけはあらゆるクリエイトの問題に、妥当する思考整理方法かもしれません。つまり自...

コミックとデザイン

コミック、漫画表現が絵なのか、記号なのか、という論争があります。答えの一つは絵であり、デザインである、という帰結なのかもしれません。そして、絵とデザインはひとつの作品に混在し、どちらかに割り切れるものではないのかもしれません。つまり、混在する2つの要素の、どちらに比重がおかれているかの問題に収斂されるとも考...

事務所ロゴの作成

事務所ロゴを作成しました。 ロゴに利用したグラフィックです。アプリケーションはprocreate及び、デバイスは、アイパッドプロ、アップルペンシルで作成しました。 ロゴ用のタイポグラフィーです。 実際には、ADOBE illustrator に画像を取り込んで、画像の上に文字を打ち込んでいきました。 完成し...

関連記事一覧