I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権等コンテンツ関連知財などコンテンツ法やインターネット問題の紛争解決、契約、助言などの業務を提供しています。

ウェブサイト保護を巡る法律問題

ウェブサイトは、様々な角度から知的財産保護法制によって保護されます。

ウェブサイトは、HTMLやCSSなど、その構成要素となるプログラミング、コーディングされた具体的なプログラム、コードがプログラム著作物に該当し、著作権法上の保護を受ける場合があります。また、ウェブページが、サイトデザインとして、また、サイトコンテンツの選択及び配列が、編集著作物あるいは、データベースの著作物として著作権法上の保護を受ける可能性があります。
また、ウェブサイトの通底に存在するシステムコンセプト・アイディアについてプログラム、ウェブサイト関連の特許・実用新案権を出願登録し、取得することを検討すべきケースも存在します。

さらに、ウェブサイトを構成するコンテンツ、イラスト、写真、動画なども個別に著作物として著作権法の保護を受けることは論を待ちません。
そして、ウェブサイトのタイトルやロゴ、シンボル、エンブレムなどは商標法の保護を受け、ウェブサイトから派生し、或いは販売されるオリジナル商品はデザインが斬新なものであれば意匠法の保護を受け得ます。

また、ドメインも不正競争防止法の保護を受けるなど、ウェブサイトは知的財産権法制によってさまざまな角度から保護されています。

ウェブサイトの保護を巡って法的問題が発生した場合、お気軽にお問い合わせください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    弊所の特徴

    弊所の特徴は、弁護士がウェブサイトについて法律知識、案件処理経験に留まらず、構造や通信技術について一定の知識を得ている点です。このウェブサイト上も、そうした知識、知見の習得状況を公開しています。

    HTMLやCSS、PHPなどのプログラムの内容やその関連性などについて、一定程度の知見をもった状態から案件処理、法律相談に臨むことができます。

    弊所はICTコンテンツ、ウェブサイト法務を取り扱っています。

    弊所が,ICTコンテンツ、ウェブサイト法務分野においてセールスポイントとしているのは,ウェブサイトやITコンテンツ作成・配信の自主的な実践に他なりません。

    弁護士齋藤理央は,独立以後ウェブサイトの自作に拘ってきました。ホームページビルダーで四苦八苦しながらウェブサイトを作っていた独立当初に比べると,現在ではhtml、css、phpなどを駆使して,ブログの自作を行える程度のスキルを獲得するに至りました。

    また、イラストレーターやフォトショップなど、現代型のコンテンツ制作ソフトも自ら使用することで、現代型のコンテンツ制作環境に通暁することも目指しています。

    ウェブサイトやITコンテンツ法務において帰趨が問題となる権利義務などの法律関係は,前提となる事実関係を確定したうえで,事実関係を下敷きとして,法規を適用したうえで,その存否が決せられます。

    したがって,ウェブサイトやITコンテンツ関係紛争の解決においても前提事実の正確かつ迅速な把握は重要と言えるでしょう。

    弊所がセールスポイントとしているのは,ウェブサイトや,ITコンテンツ法務に精通するため,自らもウェブサイトの作成や,ITコンテンツの作成を実践し,ウェブサイトやITコンテンツ制作環境などについて一定程度の知識を予め有しているという点です。

    すくなくとも,インターネットの仕組みや現代型のコンテンツ制作関係に興味がなかったり,案件を依頼されてから調査を開始するよりも,事実関係把握の前提となる基礎知識習得のスタート地点と意欲の点で,相当程度有利であると考えています。

    このような諸点から弊所ではICTコンテンツ、ウェブサイト法務の質を向上するために周辺知識の習得を志向しています。

    また,ウェブサイトやITコンテンツ等の制作過程を,ウェブログなどで、公開、積極的に発信しています。

    インターネットや、ITコンテンツに関する紛争解決や,その予防を任せる弁護士を探している事業者様,あるいは,インターネット上での紛争やトラブルに巻き込まれてしまった場合,上記の特徴のもとにICTコンテンツ法務、ウェブサイト法務を取り扱っている弊所へのご相談もご検討いただけましたら,幸いです。

    ウェブサイト・メイキングと法律

    弊所における実際のウェブサイトメイキングと法律の問題に関する、メイキング&ローの一カテゴリーです。

    チェックボックスを利用したアコーディオン式の開閉ナビゲーション

    CSSでチェックボックスを利用したアコーディオンタイプのナビゲーションを、ストーリー形式のデジタルコンテンツサイトに実装しています。そのうえスマホ向けのレスポンシブウェブデザインにも対応させていきたいと考えています。 さらに、インターネットエクスプローラーでバグが出て開閉しないとか、IEは今回FIX指定した...

    WORDPRESSプラグインの修正とその法的検討

    WORDPRESSテーマやプラグインのカスタマイズについて、法的問題点はないか疑問に思われたことはないでしょうか。このエントリでは、WORDPRESSテーマやプラグインのカスタマイズの法的問題点について若干述べたいと思います。 目次1 オリジナルキャラクターコンテンツ・リーガルandキャラクターズ2 Wor...

    モーダルウィンドウの実装とスライドショー

    モーダルウィンドウの実装、モーダルウィンドウとは #事務所 #サイト に #モーダルウィンドウ をつくろうと画策中 #CSS だけでつくれるらしい。 CSSだけ(+ #html )で殆どのことができるようになっていますね。 — 齋藤理央 (@b_saitorio) 2017年12月28日 事務所サイトにモー...

    NOTE OF FLOAT ISLAND システム更新

    NOTE OF FLOAT ISLANDのシステムを更新しました。 これまで、1つのストーリーが終了するごとにその1話の先頭にループするシステムになっていました。暫定的な処理で、次の話にスムーズに進めないため、1話が終わった後に、次の話にスムーズに進めるようにシステムを更新しました。 併せて、1話毎にCMの...

    Note of float island のSSL移行

    MYSQLIに書き換えできました。 fetch_array(MYSQLI_ASSOC) や foreach あたり、結構構文が変わっているうえに従前のコードが全く使えなくなるということは、なかなか経験がなかったですが、このくらいすぐに対応できないなら手を出すなということかもしれませんね — 弁護士齋藤理央 ...

    RSS配信

    NOTE OF FLOAT ISLANDのRSS2.00を作成し、配信開始しました。 RSSとは、サイトの更新情報を発信するフィードの代表的なフォーマットで、ブログ等に実装が多く見られますが、最近では一般的なサイトにもリンクが張られていることが多いようです。あと有名なフィードフォーマットはatomなどになる...

    ストーリーシステムの構築

    I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の、自らもコンテンツ制作を実践することでコンテンツ法務にも反映することを志向する弁護士齋藤理央が制作する、ストーリー形式のデジタルエンターテイメントコンテンツ「NoteofFloatIsland」について、弁護士齋藤理央がストーリーシステムの構築を行ないました。...

    更新情報へのリンク作成

    旧サイトのウェブサイト上部に更新情報へのリンクを作成した際の記事です。 旧サイトコンテンツ及びブログ記事の更新情報ですが、事務所別サイトの更新情報も反映される仕組みを構築しました。 弊所の旧レンタルサーバーは、外部のデータベースには、仕様で直接接続と理解しており、別サーバーに置かれているデーターベースからは...

    テーブルの結合

    NOTE~のウェブサイト移転を徐々に進めています。その過程で、データベースの結合(UNION)を知りました。サイトを複数のテーブルで管理しているので、とても便利そうです。 これも、基本動作だと思うのですが、こんな簡単なことでテーブル同士を結合できたのかと、自分でも少しあきれてしまいます。また、UNIONなど...

    更新情報の統合

    UNIONをつかって、ナビゲーション部分のSCENE更新情報とCHARACTERの更新情報を統合しました。ナビゲーションを開いてご確認ください。そして、空いたスペースに、クリエイト制作物の更新情報を表示することにしました。タグと更新情報の順序も入れ替えて、ナビゲーション部分もだいぶすっきりしたかと思います。...

    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権法などコンテンツ関連法務やインターネットトラブルの解決などに特徴がある法律事務所です。



    関連記事一覧