iTやコンテンツの法律/知財問題を重視する弁護士です

弁護士・税理士・公認会計士・社労士など専門職士業に関して、クチコミや風評被害といったトラブルが生じることがあります。iC弁護士齋藤理央は、こうしたクチコミトラブルの解決、アドバイス業務を承っておりますので、もしクチコミトラブルなどの風評被害に遭った際は、お気軽にお問い合わせください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    弁護士・税理士・公認会計士・社労士など専門職に関するインターネット上の風評被害に関する裁判例

    東京地判令和3年3月5日・判例タイムズ1491号191頁同裁判例は、医師、病院という公共性の強い職業に関する口コミであったことから特に表現の自由に対する強い配慮が認められた事案と言えます。弁護士、会計士、税理士などの専門職など消費者の利害に対する影響の大きい職業については、裁判所が同様の配慮を示す可能性もあります。この点から、医師に関する裁判例は参考になるでしょう。

    また、弁護士・税理士・公認会計士・社労士など専門職に関するインターネット上の風評被害などについての裁判例も存在します。

    TOP