iTやコンテンツ分野において生じる法的課題の解決を重視しています

プロバイダから意見照会が届くことがあります。その場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

プロバイダからの意見照会とは

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)6条1項に定められた開示関係役務提供者(プロバイダ)の意見照会義務に応じてなされる照会手続きです。

開示関係役務提供者(プロバイダ)は、発信者情報開示請求を受けた場合発信者に情報の開示に応じるか否かの意見を聴取する義務を課されています。したがって、プロバイダから情報の開示に応じるか否かの意見照会が届いたということは、発信者情報開示請求を誰かが申し立てた、ということになります。

開示関係役務提供者は、前条第一項又は第二項の規定による開示の請求を受けたときは、当該開示の請求に係る侵害情報の発信者と連絡することができない場合その他特別の事情がある場合を除き、当該開示の請求に応じるかどうかについて当該発信者の意見(当該開示の請求に応じるべきでない旨の意見である場合には、その理由を含む。)を聴かなければならない。

プロバイダ責任制限法6条1項

意見照会に対する対応

プロバイダから送られてくる意見照会書に通常回答書が同封されています。当該回答書に記載の上返送することでも足ります。なお、回答書の枠内だけでは理由が書ききれないときは別紙に理由や理由を根拠づける資料を記載することも考えられます。

なお、意見照会書及び回答書の書式プロバイダ責任制限法 関連情報Webサイトで公開されています。

意見照会を代理人に依頼することはできますか?

プロバイダからの意見照会について代理人が代わりに書面を作成し、あるいは代理人名義で開示関係役務提供者(プロバイダ)に回答することができます。詳しくは、下記の問い合わせフォームなどをご参照ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    TOP