I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は練馬駅前に所在し、著作権を中心とした知的財産権やインターネット法、損害賠償や刑事弁護、一般民事などを広く取り扱っています。

旅行/レジャー中の事件・事故

旅行中に犯罪被害にあった場合、過失に基づく事故に遭ってしまった場合など旅行中に事件・事故に巻き込まれてしまう場合があります。

その際、事件の加害者・事故の責任者などに法的な損害賠償請求権などが成立するケースもあります。弁護士に相談すれば、請求権の成否や、その請求の具体的な方法など、弁護士に相談して状況を整理し、今後の方針をクリアーに出来るというメリットがあります。

また、旅行・レジャー中の事件・事故は高山や海上、海中など日常から隔絶された非日常の世界で発生することもあります。その場合、社会と隔絶された非日常の世界では情報が遮断され、事件・事故の全容がブラックボックスとなる場合もあります。弁護士に事件を受任して加害者・責任者と折衝、或いは訴訟手続きなどを通して、事件・事故の全容が把握できる場合もあります。

犯罪被害にあった場合は、犯罪被害の申告を関係機関に行い、場合によっては警察に被害届などの被害申告をしなければならないケースもあります。その場合も、刑事事件の経験もある弁護士に委任することで手続きをスムーズかつ適切に進めやすいというメリットがあります。

旅行保険・その他保険を巡るトラブル

旅行中の事件・事故による損害を補てんするはずの保険。しかし、保険会社が適切に保険金額を払ってくれないなど、保険会社とのトラブルが発生する場合があります。保険金額の欠損が大きい場合、保険会社担当者が高圧的で自身の手に負えないと感じられる場合等もあることと存じます。

そうした際は、弁護士にご相談いただき、法的に正当な請求であれば、保険会社との交渉などを承ることができます。

交渉ごとのストレス・手間から解放され、また、交渉、法律の専門家である弁護士が介入した方が示談金も一般論としては上昇しやすいというメリットがあります。

旅行会社をはじめとする航空会社・鉄道会社・船舶会社・宿泊先等サービス提供者との契約トラブル

旅行会社をはじめとして、旅行・レジャーは、移動、宿泊、レジャー、アクテイビティ、機材や車のレンタルなど様々なサービスを提供する第三者との契約関係が前提になってきます。

こうした第三者との契約内容が十分に履行されなかったり、サービスの内容や支払いを請求された代金が事前に説明を受けた内容と異なる等、第三者との契約内容に関するトラブル発生も懸念されます。こうした契約関係に関するトラブルが発生した場合、任意交渉や、不利益が過大な場合は訴訟などの対応も、検討しなければなりません。

まずは、自身の請求が法的に妥当なものなのか、弁護士に相談して状況を整理して見てください。ご自身の要求が法的に正当なものであるのか、不当なものであるのかがわかれば、今後の方針も決まり、精神的にも落ち着くことができるというメリットがあります。

旅行・レジャーを巡る法律業務について

旅行・レジャー中の事件・事故の御相談は弊所まで

旅行・レジャー中思わぬ事故・事件に巻き込まれ生命・身体・財産などに対して損害を被ることがあります。そうした際、まずは事件・事故の相手方に損害賠償を請求していくことになります。損害賠償請求とは、簡単に言えば、生じた損害を金銭で賠償することを相手に要求していくことを言います。損害賠償請求の相手方は1次的には事件・事故の相手方ですが、相手方等が賠償保険などに加入していた場合、保険会社に請求をしていくべき場合も存します。すなわち、保険会社の方が資力の点などから、より高い可能性で賠償金を実際に支払うケースが多いことなどから、保険会社への請求が可能なケースであれば、保険会社への請求を検討する必要があります。

旅行レジャー法務への弁護士介入

弁護士が介入し、相手方・保険会社などに依頼者に代わって損害賠償交渉、訴訟を行っていきます。慣れない交渉や訴訟の手間・心理的負担を軽減できますし、賠償額も最大限になるように最善を尽くします。

弊所の特徴

弊所弁護士齋藤理央は250本に及ぶスクーバダイビングの経験があり、危険を伴うレジャーの実際を熟知しています。また、海自補佐人として海の弁護人の資格を有し、賠償科学会に属し、交通事故案件の処理経験から保険会社との交渉経験も十分です。以上の諸点から、旅行やレジャーに伴う事件・事故の法的紛争についてご相談があればお気軽にお問い合わせください。

    海水浴場での事故

    海水浴は多くの人に楽しまれている一般的なレジャーです。このように海水浴場は利用者が多いため、海水浴中の事故も生じており、訴訟に発展するケースも存在します。この記事ではそのような裁判例から、海水浴場での事故の法的責任について言及しています。 目次1 海水浴場での死亡事故と責任主体1.1 引率者の責任1.1.1...

    旅行中の事故と旅行会社の責任

    目次1 スキューバダイビングツアー中の死亡事故とツアー主催社の責任1.1 旅行会社の選定基準に対する評価1.1.1 法令や条例と選定基準2 海外旅行催行中のバス横転事故とツアー会社の責任 スキューバダイビングツアー中の死亡事故とツアー主催社の責任 平成17年 6月 8日大阪地裁判決(平14(ワ)12464号...

    旅行・レジャーを巡るトラブルと弁護士依頼のメリット

    目次1 旅行/レジャー中の事件・事故2 旅行保険・その他保険を巡るトラブル3 旅行会社をはじめとする航空会社・鉄道会社・船舶会社・宿泊先等サービス提供者との契約トラブル4 旅行・レジャーを巡る法律業務について4.1 旅行・レジャー中の事件・事故の御相談は弊所まで4.2 旅行レジャー法務への弁護士介入4.3 ...

    国際航空運送をめぐる裁判例

    国際航空運送を巡る事故などを巡る裁判例を中心とした法律問題を紹介しています。 弊所では、旅行やレジャーを巡って発生したトラブルの解決などの弁護士業務を取り扱っています。 目次1 ワルソー条約と損害賠償請求1.1 ワルソー条約の適用1.2 ワルソー条約に基づく乗客の損害賠償請求権1.3 遺族固有の損害とワルソ...

    海外旅行傷害保険と保険金の支払

    支払いが肯定された裁判例 平成30年 4月23日東京地裁判決(平27(ワ)33669号 保険金請求事件)は、「原告が,被告との間で海外旅行保険契約を締結した上でミャンマー連邦共和国(以下「ミャンマー」という。)に渡航し,滞在先のホテルの客室において,就寝中にベッドから転落して左手を床に突き,これによって左手...

    新型コロナウィルス感染症蔓延に伴う旅行などのキャンセルについて

    旅行などのキャンセルについて予定されていた旅行などのキャンセルについて、キャンセルの可否・キャンセル料が発生するかは、新型コロナウィルスの蔓延の程度、行政府の対応の程度、約款及び契約内容などによってまちまちです。また、事業者に有利な規定は、消費者契約法によって無効等となる場合もあります。今後状況に応じて追記...

    旅行業の内容

    旅行業とは 旅行業法において、「旅行業」とは、次に掲げる行為を行う事業をいいます(旅行業法2条1項柱書)。 ①旅行に関する計画※を、旅行者の募集のために作成するとともに、運送等サービスの提供に係る契約を、自己の計算において、締結する行為(旅行業法2条1項1号)、②①に掲げる行為に付随して、運送等関連サービス...

    旅行契約上のトラブルと弁護士相談のメリット

    旅行契約とトラブル・弁護士介入のメリット 旅行代理店をはじめとして、航空会社、運送会社、その他さまざまな旅行サービスを提供するサービス事業者との契約関係でトラブルが起こった場合、弁護士に法律相談することで状況がクリアになり、今後の方針が決まるというメリットがあります。また、法的に妥当な請求をせずに損をする、...

    旅行業者登録と旅行業約款の認可

    旅行業においては、「旅行業等を営む者について登録制度を実施し、あわせて旅行業等を営む者の業務の適正な運営を確保するとともに、その組織する団体の適正な活動を促進することにより、旅行業務に関する取引の公正の維持、旅行の安全の確保及び旅行者の利便の増進を図ることを目的とする」旅行業法が定められています(旅行業法1...

    旅行保険の示談交渉代理など旅行中のトラブル解決

    旅行中のトラブル 国内外旅行保険の保険金を巡るトラブル、その他旅行中のトラブルについて、弁護士が代理交渉します。 海外・国内で事故、事件に巻き込まれ生命・身体・財産に被害が出た場合、旅行保険に加入していれば本来保険金で損害賠償されるはずです。しかし、保険会社が保険料を支払ってくれない場合や、さまざまな理由を...

    関連記事一覧