IC法務

i2練馬斉藤法律事務所では、重点分野をic法務と位置付け、高度で深みのある争訟解決力の滋養と、滋養された争訟対応力から派生する高度なリーガルサービスの提供をブランドアイデンティティに設定し、その実現を志向しています。

著作権法(コピーライト)、知的財産権法、インターネット法、広告法(コマーシャル)、クリエイトロー、コンテンツ保護、インフォメーション・ロー、コミニュケーション・ローなど、弊所が重視する法分野における共通するアルファベットの頭文字IとCから、重点分野をIC法務と位置付けています。

著作権

クリエイト・コンテンツを直接保護する著作権法はIC法分野でも重要な法制です!

コンテンツ・ロー

ボク達キャラクターの保護や、キャラクターが活躍するコンテンツの保護が重要です。

知的財産権

商標や意匠など、横断的に問題になります。

ICT・WEB・デジタル法務

インターネット抜きには、コンテンツも、知的財産権も語れない時代に移行しつつあります。

ビジネス法務

IC法分野は、クリエイターなど個人事業主や法人企業のコンテンツビジネス支援です。

I2練馬斉藤法律事務所のIC法務

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のIC法務は、高度の専門性の獲得を志向します。そのために、具体的な争訟案件対応で「実績」を重ね、また、重点分野の法律論について「研鑽」を積みます。弊所が志向する高度の専門性を支えるのは、「クリエイトの実践」、また、そこから派生するクリエイトと法律の問題にまつわる検討です。

三位一体のIC法務と位置付けています!

実績

東京地方裁判所知的財産権法専門部等で複数の訟務経験があります。担当事案には、重要判例として紹介されている事例も存在します。その他交渉の経験も多数あり、争訟解決、法律相談などの業務について経験を有しています。

研鑽と発信

著作権法学会、東京弁護士会インターネット法律研究部、弁護士知財ネットワーク、エンターテイメントロイヤーズネットワークなど各種研究会に参加して最新の情報を得るなど、重点分野について常に研鑽を積んでいます。こうした研究会や自習での研鑽内容もウェブサイトに積極的に掲載しています。

クリエイトの実践

クリエイトを保護する著作権法、成果物の利用を巡るコンテンツ争訟、配信のフィールドで生じるウェブ・デジタル争訟などを重視する立場から、事務所PRキャラクターを自作するなど実際にクリエイト活動を行っています。

創作活動から得た知見や成果物の利用、これを巡る法的検討は、案件処理にフィードバックされ弊所の志向する高度の専門性獲得の土台とすることを理想としています。

このようにクリエイト活動を実践し、専門性の基礎のひとつとすることを志向しているのが弊所の特徴です。