著作権・知財・IT法分野に実績
最高裁判決を含む重要判例など訴訟分野から、契約・法律相談まで幅広く実績があります
コンテンツと法の問題
エンターテイメント・アート・教養・広告領域と法の問題
東京弁護士会所属 弁護士齋藤理央
著作権・知財・IT法務や練馬区民の法律問題に対応します。

I2練馬斉藤法律事務所について

I2練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区に所在する法律事務所(責任者弁護士齋藤理央(東京弁護士会所属))です。法人やプロフェッショナルなどの事業者向けに、コンテンツ(エンターテイメント・アート・教養・広告などの領域の文化及び産業)と法の問題、著作権を中心とした知的財産権法、インターネットが関連した案件を重視したリーガルサービスを提供しています。著作権分野、サイバー法分野では数少ない最高裁判所判決を担当するなど弊所では訴訟から相談まで幅広く実績を有します。また、練馬区や隣接区市の企業事業主や個人法務にも対応しており、賠償問題、刑事事件、家事事件や労働問題、不動産問題など幅広く案件を取り扱ってきました。

I2練馬斉藤法律事務所にご相談がある方はお気軽にお問い合わせください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

     

    業務案内

    著作権/知的財産権/IT・ウェブ法務/コンテンツと法

    I2練馬斉藤法律事務所は、著作権、コンテンツをはじめとする「IP(知的財産権)」、ウェブやデジタルに関する「IT(情報法)」という、「2つのI」が付く法務分野を重視しています。インターネット上の知的財産権侵害など、知財IT法分野でご相談の方はこちらをご参照ください。

    I2練馬斉藤法律事務所は、I2法務(知財・IT)特にデジタル著作権分野で先端法領域の専門性の高い訴訟を取り扱うなど、コンテンツ法や著作権などをはじめとする知的財産権・ITに関係する法律問題に特徴と実績があります。

    著作権関連業務

    I2練馬斉藤法律事務所は、コンテンツ(エンターテイメント・アート・教養・広告などの領域の文化及び産業)と法の問題を重視しています。

    IP(知的財産)/コンテンツ法務

     

    ウェブ・IT法務

    商事・企業法務

    I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイト・メディア・インターネット・教育・博物館などの事業に関わる個人事業主や法人などの事業者の方から、著作権・コンテンツ法など知的財産権やIT法分野でご相談をお受けしています。

    企業法務・ビジネスロー

    練馬駅前の法律事務所です

    I2練馬斉藤法律事務所は、西武池袋線、都営大江戸線練馬駅徒歩1分に立地します。

    キャラクターがトレードマークですー文化の発信地「練馬」の法律事務所として

    練馬区は文化発信の街としても知られます。I2練馬斉藤法律事務所はそんな「練馬区」の法律事務所として応援キャラクターを採用する等、IPを利活用した地域に根差した広報活動も行っています。

    著作権・コンテンツローなど知財IT法分野で弁護士をお探しの方はわたしがご案内します。

    リーガルグラフィック

    法律情報の視覚的伝達を志向する点も弊所の特徴です。

    事務所はどこにありますか?

    東京都練馬区練馬に所在します。西武池袋線、都営大江戸線「練馬駅」徒歩1分の立地です。事務所の立地から、練馬区や隣接区市、西武池袋線沿線など区市民、企業のご相談をお受けしています。所在地はこちらです。

    事務所住所

    176-0001
    東京都練馬区練馬1-2-9精美堂書店ビル503
    I2練馬斉藤法律事務所
    電話03-6915-8682

    連絡するにはどうすればよいですか?(コンタクト)

    メールフォームからご連絡頂けます。平日午前10時から午後6時までは03-6915-8682に電話でもご連絡いただけます。

      インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください

      ご連絡について

      弁護士について(広告責任者)

      東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。IC法務分野をはじめ、企業法務、交通事故や刑事弁護など一般的な法律問題全般に広く対応経験があります。

      東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。ご相談の際はお気軽にお問い合わせください。

       

      事務所からのお知らせ

      令和2年2月18日日本知財学会で発表を行います

      下記のとおり2021年2月18日午後6時30分より日本知財学会でBL同人誌事件について研究発表を行います。一般参加も可能ですので、非学会員の方もお気軽にお申し込みください。 日本知財学会 第62回判例研究会でBL同人誌事件について発表させて頂きます。会員は勿論、一般参加も無料ですので、ぜひ、ご参加をいただけ...

      書籍論文・セミナー講師などの情報発信をまとめるページを作成しました

      I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央の執筆した書籍、論文、コラム及び、担当したセミナーや講師業務を紹介するページを作成しました。 書籍・論文 セミナー・講師

      東京弁護士会インターネット法律研究部で発表を行いました

      令和3年1月19日に、東京弁護士会インターネット法律研究部で下記の研究発表を行いました。 来週 1/19 火曜日に東京弁護士会インターネット法律研究部で下記の発表をさせて頂きます。 演 題 「コロナ下の米国プロバイダに対する発信者情報開示    『ツイッター、インスタグラムの実例を基に』」   日 時 1月...

      I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央が執筆した書籍が発売となりました

      国民総クリエイター時代に必携の書! 導入部がマンガで、著作権の世界に入り込み易いように工夫されています。#マンガまるわかり著作権 著 齋藤 理央 漫画 mottohttps://t.co/eybYC75EOs — 弁護士齋藤理央 I2練馬斉藤法律事務所 (@b_saitorio) January...

      コンテンツ&ロー

      コンテンツと法の問題を中心に取り扱う、当サイトメインコンテンツです。

      宗教新聞写真ツイッター無断投稿事件-判例評釈

      東京地判令和2年10月14日判決裁判所ウェブサイト(令和2年(ワ)第6862号 発信者情報開示請求事件)は、宗教新聞上の写真がツイッターで無断投稿されたケースについて、発信者情報開示が請求された事件です。 付随対象著作物の適法性などが訴訟上争われたケースであることから、今回取り上げました。 I2練馬斉藤法律...

      コンテンツと知的財産権

      コンテンツは、様々な知的財産権法と関係します。コンテンツの制作、配信に関しては第三者の知的財産権をはじめとする権利を侵害しないように留意が必要です。また、自らのコンテンツを適切に知的財産権法で保護し、その権利侵害に対しては法的措置を採る必要があります。 I2練馬斉藤法律事務所は、コンテンツの権利侵害対応をは...

      知的財産権業務について

      知的財産権、ICT法務案件取扱について 「著作権」をはじめとして「商標法・パブリシティ権」、「不正競争防止法」及び「意匠法、特許(実用新案)法」など、コンテンツは関連する知的財産権法が多岐に渡ります。 I2練馬斉藤法律事務所は法律知識、実務経験の滋養に加えて、さらにコンテンツ素材の制作実践をとおして背景知識...

      更新一覧

      宗教新聞写真ツイッター無断投稿事件-判例評釈

      東京地判令和2年10月14日判決裁判所ウェブサイト(令和2年(ワ)第6862号 発信者情報開示請求事件)は、宗教新聞上の写真がツイッターで無断投稿されたケースについて、発信者情報開示が請求された事件です。 付随対象著作物の適法性などが訴訟上争われたケースであることから、今回取り上げました。 I2練馬斉藤法律...

      コンテンツと知的財産権

      コンテンツは、様々な知的財産権法と関係します。コンテンツの制作、配信に関しては第三者の知的財産権をはじめとする権利を侵害しないように留意が必要です。また、自らのコンテンツを適切に知的財産権法で保護し、その権利侵害に対しては法的措置を採る必要があります。 I2練馬斉藤法律事務所は、コンテンツの権利侵害対応をは...

      書籍・論文等

      書籍 執筆書籍 「マンガまるわかり著作権」 監修書籍 「クリエイター必携 ネットの権利トラブル解決の極意」 論文 インラインリンクと著作権法上の論点(2020年3月・法律実務研究第35号) コラム 2020年9月 エンターテイメント・コンテンツや広告表現などの設定等 に関するアイディアと秘密情報による保護 ...

      セミナー・講師

      2021年2月(予定) 日本知財学会 第62回判例研究会『BL同人誌事件』 2021年1月 コロナ下の米国プロバイダに対する発信者情報開示 『ツイッター、インスタグラムの実例を基に』 2020年11月 少額著作権侵害訴訟と裁判所の選択 2020年 7月 リツイート事件最高裁判決について ...

      著作権侵害に基づく発信者情報開示請求

      近年、著作権法のサイバー法の傾向が顕著になってきています。著作権法が保護する著作物は、創作から消費までがインターネットで完結するため、著作権法のサイバー法傾向はある種の必然と言えるかもしれません。その中で、著作権実務でその存在感を飛躍的に高めているのが発信者情報開示手続きです。 すなわち、インターネット上の...

      ログイン時のアクセス・ログ及びこれにより特定される契約者情報の開示について

      今、発信者情報開示請求の際に問題になっている論点の一つが、ログイン時のアクセス・ログ及びこれにより特定される契約者情報の開示です。本項ではこの、ログイン時のアクセス・ログ及び、これによって特定される契約者情報の開示の問題について述べています。 I2練馬斉藤法律事務所は、発信者情報開示請求訴訟について最高裁裁...

      ツイッター・リツイート事件

      リツイート事件と呼ばれる事案に令和2年7月21日最高裁判所判例がくだされました。I2練馬斉藤法律事務所では、事案担当事務所としてリツイート事件について可能な限り積極的に情報を発信しています。本項では、リツイート事件の概略を簡単にご説明しています。 リツイート事件は、ツイッターにおける著作権侵害に対する発信者...