コンテンツ=エンターテイメント・アート・教養・広告などの領域の文化及び産業を巡る法律問題


I2練馬斉藤法律事務所は、<コンテンツ>=『エンターテイメント・アート・教養・広告などの領域の文化及び産業領域』を巡る法律の問題、ウェブデジタル領域の紛争などを積極的に取り扱う法律事務所です。

コンテンツ領域では、多様な法律領域に渡って紛争や問題が発生します。そうしたコンテンツ領域の法律問題について、コンテンツをつくり、送り、受け取る個人、法人に法的サービスを提供いたします。

コンテンツとは

『コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律』において、「コンテンツ」とは、『映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、 コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせた  もの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラム(電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、人間の創造的活動に より生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいう』と定義されています。

また昨今コンテンツマーケティングやブランデッドエンターテイメントなどが盛り上がっています。このようにコンテンツは、娯楽と教養以外に、広告という性質を獲得しています。

このように、I2練馬際等法律事務所では、コンテンツとは、エンターテイメント、アート、教育、学術、商業、広告などの領域における、創造的活動を通じた文化や産業などを広く意味する概念と捉えています。

I2練馬斉藤法律事務所は①コンテンツを巡る紛争の解決、②コンテンツを巡る法律的な問題に対するアドバイス、③コンテンツを巡る契約書作成など紛争の予防(将来紛争が生じない状態をつくること)などを業務としています。

I2練馬斉藤法律事務所はコンテンツの創作発信などをとおして文化や産業に貢献するとともに、コンテンツやIPの研究をコンテンツ法務にフィードバックしています。コンテンツ及び実践過程の法的検討は公開しています。

コンテンツと法律の問題で悩んだらI2練馬斉藤法律事務所へお気軽にご相談ください。

    クリエイト(創作)を直接保護する知的財産権法制

    クリエイトやコンテンツの商用利用を巡る例えば下記の知的財産権法制に関わる法律問題を重視しています。また、クリエイトやコンテンツの商用利用について、ウェブデジタル領域に関わる事案についても積極的に取り扱っています。

    著作権法

    著作権法は、直接クリエイト活動を保護する法律です。

    商標権、商品意匠

    クリエイト及び成果物を商品やサービスと紐づけ保護する権利を取得することが出来ます。権利取得のための出願登録など権利化の問題などもI2練馬斉藤法律事務所では取り扱っています。

    知的財産権全般

    知的財産権全般で、権利取得後問題となるのがライセンス(利用許諾)し、権利譲渡するか、ライセンスし、権利譲渡するとすればその対価を如何に設定するか、相手方と合意した内容を如何に契約書に反映するかの問題です。I2練馬斉藤法律事務所では、合意形成(契約締結交渉)を代理し、形成された合意の書面化について契約書作成、確認などのサービスを提供しています。

    また、保有する権利に対する侵害に対して、差止請求権及び損害賠償請求権を行使する場合、代理して交渉し或いは訴訟等法的手続きを追行することができます。

    クリエイトやコンテンツ展開と伝達・開発媒体の問題

    ウェブサイト関連法務、インターネット利用規約、開発アプリケーションの利用規定など各種法律サービスを提供いたします。

    ウェブサイト・開発関連アプリケーション特許及び実用新案について代理業務を提供します。

    人、組織、金銭(ファイナンス)の法律問題

    人の問題

    創作と労働の問題、労働法、下請法、独禁法など、クリエイト、コンテンツと労務の問題についてご相談をお受けすることが出来ます。

    ガバナンスの問題

    コーポレイトガバナンス(会社法など)、クリエイトや、コンテンツの利用について母体を組織化する場合、また、組織化した会社の法務について、取り扱っています。

    ファイナンスの問題

    コンテンツと金融(製作委員会方式など)の問題を巡る法務について取り扱っています。金融商品取引法や会社法など金融スキームのデザインと法律の関係などが問題となります。

    クリエイト、コンテンツの商用利用とマネタイズの問題

    利用許諾、出版、権利譲渡契約の交渉、契約書作成、確認など、予防法務による将来の紛争予防をサポートします。

    利用規約や約款などエンドユーザーに対してのルール提示をお手伝いします。

    グッズ化、広告利用などを巡る法律問題についてお手伝いします。

    広告規制、業法など、行政との関係の問題、コンプライアンス、法令遵守及び、万が一生じてしまった不祥事対応についてお気軽にお申し付けください。

    コンテンツと広告

    コンテンツと広告の関連はより密接かつ重要になってきています。

    キャラクターアイコン・肖像の問題

    キャラクターや出演者、コスチュームなど、キャラクターアイコンやパブリシティ権をとおしたマネタイズを巡る法律問題です。

    クリエイト・コンテンツをめぐる紛争(ウェブデジタル領域を含む)

    契約関係のない第三者との紛争

    権利侵害、発信者の特定(発信者情報開示)、警告書・回答書・交渉・争訟などについて幅広く取り扱っています。

    内部の紛争

    従業員、請負、フリーランスと製作者の紛争は、比較的多い紛争類型です。

    マネタイズを巡る紛争

    契約の疑義、債務不履行を巡る紛争や、利用の範囲・対価の支払いを巡る紛争について取り扱っています。

    クリエイトやコンテンツと規制・コンプライアンス

    創作に関連して刑罰法規に触れてしまった場合、不祥事対応、刑事弁護など対応致しますのでお気軽に御相談ください。

    広告規制、業法など、クリエイトの商業利用と行政規制の問題について、リーガルチェックなどを承っています。

    クリエイト、コンテンツ展開をめぐるコンプライアンスチェック・社内勉強会等の法教育などについても取り扱っています。