I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京

重点分野

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、クリエイトを保護する著作権法、成果物の利用を巡るコンテンツ争訟、ウェブデジタル争訟の解決および予防を重視しています。

実績

東京地方裁判所知的財産権法専門部等で複数の訟務経験があります。担当事案には、リツイート事件など、重要判例も存在します。その他交渉の経験も多数あり、争訟解決については一定の経験を有しています。

研鑽

著作権法学会、東京弁護士会インターネット法律研究部、弁護士知財ネットワーク、エンターテイメントロイヤーズネットワークなど各種研究会に参加して最新の情報を得るなど、重点分野について常に研鑽を積んでいます。

徹底

クリエイトを保護する著作権法、成果物の利用を巡るコンテンツ争訟、インターネット争訟などを重視する立場から、実際にクリエイト活動を行い、また、成果物の商用利用、インターネット配信も実施しています。

創作活動から得た知見や成果物の商用利用、配信経験は、案件処理にフィードバックされます。このようにクリエイト活動を実践し、これを実務に活かすなど、重点分野に対しての研究は徹底しています。

特徴

事務所名にリーガルグラフィックを冠するなど、法律情報の視覚的伝達を志向する点が弊所の大きな特徴です。

リーガルグラフィックの基礎は創作活動で得たスキルであることから、弊所が法律専門家である「弁護士による視覚表現」を重視している姿勢を理解いただけます。