令和2年リツイート事件最高裁判決など
著作権、IT法分野に重要裁判例など実績があります
コンテンツ×法
コンテンツの創作・配信の実践などコンテンツと法の問題に多角的に取り組んでいます
東京弁護士会所属 弁護士齋藤理央
著作権・知財・IT法務や練馬区民の法律問題に対応します。

I2練馬斉藤法律事務所について

I2練馬斉藤法律事務所は、東京都練馬区に所在する法律事務所(責任者弁護士齋藤理央(東京弁護士会所属))です。取扱業務としては、著作権を中心とした知的財産権法、インターネットが関連した案件を重視しています。著作権分野、サイバー法分野では数少ない最高裁判決を取得するなど弊所では訴訟から相談まで幅広く実績を有します。また、練馬区や隣接区市の企業事業主や個人法務にも対応しており、賠償問題、刑事事件、家事事件や労働問題、不動産問題など幅広く案件を取り扱ってきました。

 

業務案内

著作権/知的財産権/IT・ウェブ法務/コンテンツと法

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権、コンテンツをはじめとする「IP(知的財産権)」、ウェブやデジタルに関する「IT(情報法)」という、「2つのI」が付く法務分野を重視しています。インターネット上の知的財産権侵害など、知財IT法分野でご相談の方はこちらをご参照ください。

I2練馬斉藤法律事務所は、I2法務(知財・IT)特にデジタル著作権分野で先端法領域の専門性の高い訴訟を取り扱うなど、コンテンツ法や著作権などをはじめとする知的財産権・ITに関係する法律問題に特徴と実績があります。

著作権関連業務

IP(知的財産)/コンテンツ法務

 

ウェブ・IT法務

商事・企業法務

I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイト・メディア・インターネット・教育・博物館などの事業に関わる個人事業主や法人などの事業者の方から、著作権・コンテンツ法など知的財産権やIT法分野でご相談をお受けしています。

企業法務・ビジネスロー

交通事故等損害賠償

交通事故交通事故をはじめとする損害賠償分野に注力しています。

賠償問題における弁護士依頼の手順とメリット

交通事故業務案内

民事

知的財産権侵害や交通事故を中心とする損害賠償の他、民事訴訟や、不動産、債権回収などの一般民事分野の業務を広く取り扱っています。

練馬及び隣接区市の一般民事法務

刑事

I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央は、刑事事件について上告審、控訴審、裁判員裁判、被疑者弁護など幅広く取扱経験があります。知的財産権侵害やインターネット犯罪についても取り扱っていますのでお気軽にお問い合わせください。

刑事事件における刑事弁護業務について

家事

離婚・遺産相続・遺言など家事事件に関するお悩みがございましたら、お問い合わせください。

家事事件取扱案内

行政

行政との折衝や、訴訟等を扱うのが行政事件です。商標登録などにおける特許庁の審決から、国家賠償請求まで国や地方自治体を相手方とする業務になります。

行政法務・行政事件

練馬駅前の法律事務所です

I2練馬斉藤法律事務所は、西武池袋線、都営大江戸線練馬駅徒歩1分に立地します。練馬区及び、板橋区、杉並区、中野区、豊島区、東久留米市、西東京市など隣接区市の区市民の方にご相談頂きやすい立地となっています。
練馬区及び、板橋区、杉並区、中野区、豊島区、東久留米市、西東京市など隣接区市の区市民の方はこちらをご参照ください。

キャラクターがトレードマークですー文化の発信地「練馬」の法律事務所として

練馬区は文化発信の街としても知られます。I2練馬斉藤法律事務所はそんな「練馬区」の法律事務所として応援キャラクターを採用する等、IPを利活用した地域に根差した広報活動も行っています。

著作権・コンテンツローなど知財IT法分野で弁護士をお探しの方はわたしがご案内します。

練馬区で交通事故・損害賠償・刑事弁護・離婚相続・不動産・債権回収などの業務で法律事務所をお探しの方はボクがご案内します!

リーガルグラフィック

法律情報の視覚的伝達を志向する点も弊所の特徴です。

事務所はどこにありますか?

東京都練馬区練馬に所在します。西武池袋線、都営大江戸線「練馬駅」徒歩1分の立地です。事務所の立地から、練馬区や隣接区市、西武池袋線沿線など区市民、企業のご相談をお受けしています。所在地はこちらです。

事務所住所

176-0001
東京都練馬区練馬1-2-9精美堂書店ビル503
I2練馬斉藤法律事務所
電話03-6915-8682

連絡するにはどうすればよいですか?(コンタクト)

メールフォームからご連絡頂けます。平日午前10時から午後6時までは03-6915-8682に電話でもご連絡いただけます。

ご連絡について

弁護士について(広告責任者)

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。IC法務分野をはじめ、企業法務、交通事故や刑事弁護など一般的な法律問題全般に広く対応経験があります。

東京弁護士会所属弁護士齋藤理央です。ご相談の際はお気軽にお問い合わせください。

事務所からのお知らせ

令和2年度お盆期間の営業について

長期期間続いた梅雨の影響で天候は良くなかったものの気候的には過ごしやすかった7月が終わり、8月から猛暑が続いています。 皆様におかれましても、熱中症などにお気をつけ頂き、ご自愛専一にお過ごしください。 さて、令和2年度の夏季お盆期間については、弊所は暦通りの営業となります。8月10日は暦通り祝日となり事務所...

I2練馬斉藤法律事務所における一般法務とリーガルグラフィックについて

リーガルグラフィックとは I2練馬斉藤法律事務所においては、リーガルグラフィックと銘打ち、案件処理に視覚的な情報を活用することを志向しています。 クリエイトのフィードバックの一環として I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイト活動を、法務にフィードバックすることを特徴としています。 例えば、クリエイト活動と関係...

 

コンテンツ&ロー

コンテンツと法の問題を中心に取り扱う、当サイトメインコンテンツです。

インラインリンクの仕組み

「インラインリンク」とは,ユーザーの操作を介することなく,リンク元のウェブページが立ち上がった時に,自動的にリンク先のウェブサイトの画面又はこれを構成するファイルが当該ユーザーの端末に送信されて,リンク先のウェブサイトがユーザーの端末上に自動表示されるように設定されたリンクをいう(「電子商取引及び情報財取引...

氏名表示権

氏名表示権は著作権法上定められた著作者人格権のひとつで、「著作者と著作物との結び付きに係る人格的利益を保護する」(令和2年7月21日最高裁判決)権利です。 氏名表示権の内容 著作権法19条1項前段は、「著作者は、その著作物の原作品に、又はその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作...

広告業の収益構造

広告業の収益構造についてまとめています。 広告媒体の販売 広告業は、大まかに広告媒体の広告主への販売が収益源になります。 あとは、この媒体の販売を代理・媒介する事業者が大きな存在となっています。言わずと知れた広告代理店です。広告代理店の役割は幅広く、広告制作からコンサルティングまで手がけます。 例えば、テレ...

オリジナル・コンテンツ

I2練馬斉藤法律事務所はオリジナルコンテンツの配信をとおして文化に貢献するとともに、コンテンツIP研究の一環としてコンテンツ法務にフィードバックしています。

コンテンツ・IP研究

エンターテイメント・コンテンツ

I2キャラクターズ・パーク

更新一覧

種苗法上の行政救済手続

審査請求 種苗法上、行政救済手続において、特許法などのような準司法作用たる行政審判手続きの特則はなく一般的な行政不服審査法による審査請求や、処分性のある行政行為に対しては取消訴訟などの行政訴訟を提起することになります。 このように、種苗法上の品種登録出願拒絶処分に対しても行政不服審査法に定められた審査請求を...

農水法務

農水知財や農地法など農業と法律の問題を取り扱っています。

スクーバ(スキューバ)ダイビングと事故訴訟

スクーバダイビング(スキューバダイビング)における事故で、問題となる争点は様々ですが、殆ど必ず問題となるのは、過失と損害論です。 スキューバダイビングのリスク 平成16年 5月28日大阪地裁判決(平13(ワ)4429号 損害賠償請求事件)は、「スキューバダイビングは,自給式水中呼吸装置を用いて行う潜水をいい...

スキューバダイビングと漁業権(潜水料の法的根拠)

事案の概要 平成12年11月30日東京高裁判決(平12(ネ)2340号 損害賠償請求控訴事件)は、スキューバダイビングについて潜水整理券を発行して大瀬崎地先の海域において潜水を行うダイバーから潜水料として一人一日当たり三四〇円(内消費税一〇円)を徴収していることが、何ら法律上の根拠に基づかないものであると主...

著作権・知財IT法分野業務実績

I2練馬斉藤法律事務所は著作権を中心とした知的財産権法やインターネット法分野で幅広く実績を有します。 知的財産権訴訟 リツイート事件(最高裁判決) ペンギン写真トリミング事件(知財高裁判決) ツイートアイコン事件(東京地裁知財専門部判決) 他、知財専門部判決など(リンク先は公開されているもののみ)。 示談交...

貸金債権の回収

消費貸借契約や準消費貸借契約など貸金債権について借りた人が返してくれない場合、回収業務を弁護士に委任することができます。 回収は、任意交渉、保全、訴訟、強制執行と様々な段階に分かれます。 任意交渉 法的な強制力のない交渉です。弁護士介入により相手が任意に弁済すれば貸金債権の回収は完了します。 民事保全 債務...

債権回収について

貸金、売掛代金など、各種債権の回収業務を弁護士が代理で行うことが可能です。 貸金とは、典型的には返還合意をして貸渡した金員になります。例えば、『何月何日までに(或いはいつでも良いから)返してね』と約束して渡した金銭などが典型的なものです。売掛代金とは、売買契約によって発生する代金支払いを相手方に請求する権利...