I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は練馬駅前に所在し、著作権を中心とした知的財産権やインターネット法、損害賠償や刑事弁護、一般民事などを広く取り扱っています。

最高裁判所
https://www.instagram.com/p/CCyR9tLnB2L/?utm_source=ig_web_copy_link

最高裁判所所在地

最高裁判所
〒102-0092 東京都千代田区隼町4−2
03-3264-8111
https://goo.gl/maps/p1yGZT2ogDgz71fe9

最高裁判所の法的根拠

最高裁判所は、憲法第七十六条一項により、「すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する」と定められ、憲法にその根拠を置きます。

憲法第八十一条は、「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である」と定めます。

次に、裁判所法「第二編」は「最高裁判所」について定めています。 同法第六条(所在地)は、「最高裁判所は、これを東京都に置く」と定めています。 また、同法第七条(裁判権)は、「最高裁判所は、左の事項について裁判権を有する。一 上告 二 訴訟法において特に定める抗告」と定め、同法第八条(その他の権限)は、その他にも「最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する」としています。

最高裁判所での業務

I2練馬斉藤法律事務所は、民事及刑事上告審など最高裁判所で審理される事件の対応実績があります。民事上告審や刑事上告審などのご依頼はお気軽にお問い合わせください。

最高裁判所

最高裁判所

最高裁判所所在地 最高裁判所〒102-0092 東京都千代田区隼町4−203-3264-8111https://goo.gl/maps/p1yGZT2ogDgz71fe9 最高裁判所の法的根拠 最高裁判所は、憲法第七十六条一項により、「すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所...

民事上告審

「高等裁判所が第二審又は第一審としてした終局判決に対しては最高裁判所に、地方裁判所が第二審としてした終局判決に対しては高等裁判所に」上告を申し立てることが出来ます(民事訴訟法311条1項)。 目次1 上告の理由2 上告提起の方式2.1 上告提起の際の提出書類2.1.1 上告状2.1.2 上告理由書3 上告受...

著作権法最高裁判所判例

最高裁判例 ①暁の脱走事件「著作権の存続期間の誤信と過失の有無」 平成22(受)1884  著作権侵害差止等請求事件 平成24年1月17日  最高裁判所第三小法廷  判決  破棄差戻  知的財産高等裁判所  全文 最高裁判例 ②WINNY事件最高裁判決「著作権法違反幇助における故意(否定...

リツイート事件最高裁判決について

目次1 用語の整理2 ウェブサイトの仕組み3 リツイート事件事案の概要3.1 開示を請求したアカウント3.2 訴訟の時系列3.3 開示を請求している情報は何か?3.4 リツイート者の情報開示を請求した経緯4 上告審 4.1 主文 上告棄却4.2 理由 氏名表示権侵害4.3 実際のトリミングの再現イラスト4....

関連記事一覧