CONTENTS

法律などに関するコンテンツです

コンテンツと法律

著作権侵害の主体が争われたロクラクⅡ事件とまねきTV事件の概要

ロクラクⅡ事件概要 放送されたテレビ放送を、親機ロクラクにデジタル保存し、子機ロクラクに送信して視聴させる行為につき、著作権侵害の有無が争われました。 親機ロクラクと、子機ロクラクを分離したのは、一審判決に記載された原告主張によると、ロクラクⅡが主に外国で日本のテレビ番組を視聴するための仕組みであることから...

ウェブデジタル法

ドメインネームサーバー

インターネット上のURLは、ドメインを基本として管理されます。ドメインは、本来数字の羅列に過ぎないインターネット上のコンピューターの所在情報(IPアドレス)について、人間にとって意味のある文字列と紐づけたいわばウェブ上の所在標識です。 このとき、ドメインとコンピューターの所在情報であるIPアドレスの紐づけを...

IPモンスターズ(知的財産PRキャラクター)

コンテンツファイナンスロー

コンテンツ事業も資金がなければ開始できません。 コンテンツマーケティングなど、コンテンツを既存のビジネスの集客(カスタマーアトラクション)やブランディング用途で行う場合、既存事業で得た収益が資金となるでしょう。 また、ウェブサイトなど安価に配信できるメディアが発達している現在では準備できる資金の範囲でコンテ...

IPモンスターズ(知的財産PRキャラクター)

コンテンツの一生と法務

コンテンツの誕生▶︎コンテンツファイナンス・ロー 映画やアニメなど大規模なコンテンツの場合、その制作に多額の資金が必要になります。このコンテンツ制作資金の収集と法律の問題が、コンテンツファイナンス・ローです。 I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京では、コンテンツと出資をめぐる紛争の解...