CONTENTS

法律などに関するコンテンツです

刑事弁護

刑事訴訟における判決の言渡

刑事訴訟(※1)の認め事件(※2)においても、公判期日当日(※3)に判決が言い渡される(※4(いわゆる即日判決))ことは多くありません。 あまり争点の多くない事件でも少なくとも1週間程度の時間をおいて、判決が言い渡されるのが通常です。 即日判決は裁判所の判断によりますが、執行猶予が確実な認め事件においては、...

コンテンツと法律

著作物の題号等を摘示して著作者と偽る行為

ある著作物の題号(さらに出版日や制作年月日など著作物を特定するに足る情報)を指摘して、著作者でないものが自らを著作者と喧伝する場合、法的な対応は可能でしょうか。 例えば、有名な書籍について題号を指摘して「自らが書いた」、「本当の著作者は自分だ」、「この本にはゴーストライターがいて実は自分だ」と名乗り出るよう...

ご案内

コンテンツビジネス及びコンテンツ関連のカテゴリーについて

I2練馬斉藤法律事務所LG東京が運営する当ウェブサイトでは、コンテンツと法律の情報を中心に、コンテンツ制作関連の記事、コンテンツビジネスに関連する記事、その他コンテンツ関連情報の記事を掲載しています。 弊所はコンテンツ法務を重視しています。コンテンツ法務には著作権法や商標、不正競争防止法などの関連知財、その...

交通事故

弁護士費用特約概要

交通事故事件に関して弁護士費用特約があると、弁護士への委任がしやすくなります。 弁護士費用特約とは、保険会社との保険契約に伴う附帯契約で、交通事故被害にあった場合など保険会社との契約で定められた条件が発生した時に、弁護士に対する法律相談料や委任費用(弁護士報酬)について、保険会社と契約した範囲で保険会社が負...

お知らせ

練馬駅徒歩1分の法律事務所です

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、西武線・都営大江戸線練馬駅南口徒歩1分の法律事務所です。 西武線練馬駅南口あるいは都営大江戸線A1出口から千川通りに出ていただき、千川通り沿いの書店(精美堂)が入ったビルの5階に所在します。駅前からのアクセスは良好ながら、隠れ家的な法律事務所で落ち着いて法律...

ご案内

コンテンツ制作関連記事について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京コンテンツ法務特設サイト(このサイト)では、コンテンツ制作関連の記事をアップすることがあります。 コンテンツ関連記事は弊所弁護士齋藤理央が制作するエンターテイメントデジタルコンテンツの制作過程や制作過程で得た背景知識・知見を公開するものなどです。 そうした記事は...

ウェブデジタル法

(インターネット上の)名誉毀損における賠償費目

慰謝料 慰謝料の算定にあたっては、さまざまなファクターから金額を決定します。例えば以下の項目などに着目して損害額を算定するのが一般的と言えます。 被害者の職業、経歴、地位など社会的な立ち位置、ステータス この項目は損害額に大きく影響するファクターであり、例えば芸能人・文化人など著名人や、公人など社会的名誉へ...

ウェブデジタル法

開示関係役務提供者と被侵害者の関係

関係役務提供者が情報の流通に対して負う責任 関係役務提供者は、権利侵害情報が流通したことによって生じる損害賠償責任を大幅に制限されています。すなわち、プロバイダ等の開示関係役務提供者の業務を委縮させないために、その損害賠償責任が限定されています。また、開示請求者と発信者の板挟みとなる点に鑑みて開示関係役務提...