クリエイト活動について齋藤理央のクリエイト活動について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央は、創作活動を自ら行うことから自ずと創作活動、創作成果の伝達、さらに商業利用の実際に通じ、また、その過程と関係の深い著作権、知的財産権、ウェブデジタル法務、コンテンツ争訟、広告法務などの法分野に強い意欲と関心を持った弁護士です。

 

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央はクリエイトスタジオRSC・スタジオを主催し、クリエイト活動を行なっています。

 

オリジナルストーリーサイトを運営するなど、クリエイト活動を行っています。

また、オリジナルグッズの販売など、クリエイトの商業化も志向しています。
自作写真とフォトショップで自作した広告タグ。

このようなクリエイト活動を通じて、創作を保護する著作権が保護の媒介とする著作物の成り立ちや制作環境、配信媒体などに自然と通暁することになります。

また、クリエイト活動と、著作権、知的財産権、(IT)情報法、コンテンツ法務、広告法務などの各種法分野は切っても切り離せません。

例えば、現代型のクリエイト成果物、コンテンツの配信はインターネット、ウェブでの配信抜きに語れません。著作権法は急速にサイバー法領域を広げており、その速度は今後も減速することはないでしょう。弊所では実際のコンテンツの配信に関して、ウェブサイトなどの知識を身につけたことから、自然とサイバー法化する著作権法に対応し得る背景知識を身につけるなど、IT法務などの先端法務にも対応できるべく研鑽を積んでいます。

また、クリエイト成果物をグッズや、広告媒体、景品などとして利用する過程を通じて、コンプライアンス(他者の権利侵害の回避、業法等各種規制の遵守など。)、権利化(商標・意匠出願、不正競争防止法)、契約法務(規約などを含む)、権利侵害対応(訴訟を含む)などを常に意識することになります。

このような観点から、弊所は著作権法をはじめとしたクリエイトと関連の深い法分野を[iC法分野]と銘打ち、重点分野と位置付けています。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、著作権、知的財産権、ウェブデジタル法務を重点分野に据えて、訴訟など紛争解決、契約など紛争予防、コンプライアンス、不祥事対応、刑事弁護、労務、組織、ファイナンスの問題などを取り扱っています。

記事一覧

  1. クリエイトする弁護士齋藤理央
  2. クリエイト活動について
  3. 弁護士齋藤理央職務経験分野

    I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央の職務経験分野の概要を記載しています。

  4. 東京弁護士会所属弁護士齋藤理央略歴

    I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央の略歴を記載しています。東京弁護士会所属、エンターテイメントローヤーズネットワークなど所属。

PAGE TOP