IC法務のブランド・アイデンティティ

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の重点業務分野である著作権など知的財産権、コンテンツ法など、「IC法務」における、目指すブランド・アイデンティティは、難解な紛争の解決を可能とする「深く」「高度」な争訟(・訴訟)対応力の滋養と、滋養された争訟対応力を背景に、任意交渉、契約、リサーチなど事務弁護士業務においても「質の高い」リーガルサービスの提供を実現することです。

対象となる依頼者

弊所の著作権をはじめとした知的財産権、コンテンツ・ウェブ・インターネットの法律事務(IC法務)サービスは、コンテンツ関連の法人及び個人事業主などの企業や、コンテンツマーケティングを実践する企業、その他著作権、インターネット問題でお困りの区市民の皆さまを依頼者として想定しています。

コンテンツの実践がコンテンツの理解に深みを与える

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のコンテンツの実践は、知的財産権の保護対象や、法務の対象であるコンテンツについて、知見を深めます。

さらに、その背景にあるクリエイトや、クリエイト及び配信の背後にある技術についても、理解が深まります。

この体験から得る理解のフィードバックを、争訟対応、IC法務に活かそうとするのが弊所の特徴です。

コンテンツの実践から法務の取り扱い対象であるコンテンツに対する理解を深めるアプローチは、特徴的かもしれません。

事件への対応が法務の質を高める

さらに、実際に高度な専門性を要求される難解な事案を対応することなどが、高い争訟対応力につながる考えています。

弊所では、積極的に知的財産権専門部での先端領域の訴訟などに対応してきました。

訴訟は勝ち負けではなく、あくまで対応実績による専門的な処理能力の滋養による適切な解決が枢要と考えています。

実績は適切な範囲で一部を公開しています。

インプットとアウトプットの循環

著作権法学会、日本知財学会、弁護士知財ネットワーク、東京弁護士会インターネット法律研究部など各種学会、研究会に参加してIC法分野の知識のブラッシュアップに勤めています。

また、ウェブサイト、メディアコメント、セミナー、研究会などでインプットした情報をアウトプットしています。

ばぶぶぶう(インプットとアウトプットをくり返すことで、知識が磨かれていくんだね!)