I2練馬斉藤法律事務所の特徴

著作権法・コンテンツ法を重視

I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイトを保護する著作権法・クリエイト成果物をめぐるコンテンツ法を重視しています。

法務実績、専門知識のインプットアウトプット、コンテンツの実践という三位一体のIC法務で、コンテンツを巡るビジネスを法的にサポートしていきます!

訴訟・交渉など争訟の解決

著作権法やコンテンツの利用、配信を巡る紛争の解決を扱っています。ウェブデジタル分野の争訟についても対応できますのでお気軽にご相談ください。

ばばぶぶブウ(コンテンツを巡って権利を侵害されていたら取り敢えず連絡だ!)

法律相談・リサーチ業務

争訟解決からフィードバックした著作権法・コンテンツ法に関する法律相談・違法性適法性判断、リーガルリサーチ業務などを承ることができます。

紛争・トラブルは予防が大切です!

実績

東京地方裁判所知的財産権法専門部における訟務をはじめ、著作権・ウェブデジタル分野、コンテンツ争訟について解決実績があります。重要判例として紹介されている事案も担当しています。

訴訟も経験しとるのかえ?

専門知識のアップデート

また、著作権法学会・日本知財学会・弁護士知財ネットワーク・エンターテイメントローヤーズネットワーク・東京弁護士会インターネット法律研究部など、各種研究会に参加して著作権法・コンテンツ法の知識のブラッシュアップに勤めています。

俺が生きていた頃は、著作権法なんて無かったぞ!

著作権法・コンテンツ法とクリエイト活動などコンテンツの実践

弁護士齋藤理央は、自らクリエイト活動を行い、その成果物をコンテンツとして公開するなど、配信・利用しています。このような、クリエイト活動、コンテンツの配信・利用活動を通じて得た経験・知識は、クリエイト保護法である著作権法など、コンテンツ法務にフィードバックされます。

簡単に言うと、、

私たちのことです!

この姿勢は、弊所が重点業務分野としているIC法分野についてコンテンツビジネスの理解を促進し、そのサポートの質を向上すると考えています。また、この視点が、弊所の著作権法・コンテンツ法重視の源泉となっています。

リーガル・グラフィック

I2練馬斉藤法律事務所では、業務に視覚表現をプラスすることを志向しています。

リーガル・グラフィックとクリエイト活動

リーガルグラフィックの基礎となる技術は、クリエイト活動によって滋養され、その到達水準は、公開されたコンテンツで確認することができます。