I2練馬斉藤法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権などコンテンツ関連知的財産、契約問題などコンテンツ・ローやインターネット争訟の解決を重視しています。

刑事手続きという2元的視点

I2練馬斉藤法律事務所代表弁護士齋藤理央は、刑事事件の経験も豊富です。被疑者段階から上告審に至るまで、さまざまな段階の刑事事件を経験して来ました。法律上賠償問題は民事手続きであり、刑事手続きとは次元を異にしますが、両者は事実上密接に絡み合っています。実際にも、刑事手続きを利用して賠償請求を行う制度も存在します。また、被害者参加制度という観点から、一定の案件について被害者の刑事手続きへの参加権が保障されています。

賠償法務では、行為と行為に基づく損害の発生が争われることになります。この判断枠組みは刑事事件において使用される判断枠組みと類似している側面があります。このように、刑事事件を通して刑事訴訟で多くの事実認定を争った経験を賠償法務にも活かしていきたいと考えています。

賠償問題

I2練馬斉藤法律事務所代表弁護士齋藤理央は、交通事故をはじめとして比較的多くの損害賠償事案を経験してきました。
また、日本賠償科学会会員として、賠償法務に強い関心を持つとともに賠償法務の研究に取り組んでいます。損害賠償法分野は、因果関係論、損害額の確定など種々の特殊な争点が発生しやすい分野です。賠償問題でお困りの際はご相談頂ければ、複数の解決案を提示させていただき、一番イメージに近いものを選び取っていただけるように心がけています。

I2練馬斉藤法律事務所は、著作権法やインターネットトラブルの解決などコンテンツ関連法務や法律情報の視覚的伝達に特徴がある法律事務所です。

関連記事一覧