リーガル・グラフィック

弁護士がつくる法律情報のインフォグラフィック

リーガルグラフィックとは、弁護士が描く法律情報のインフォグラフィック(視覚情報伝達手段)です。

難解な法的情報を視覚(グラフィック)化することで、情報の伝達を迅速・確実にすることを志向します。

クリエイト活動の法務へのフィードバックの一環として

i2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、併設する齋藤理央個人のクリエイトスタジオで、クリエイト活動が行なわれているという特徴があります。このことから、クリエイト活動で得られた技術や、デジタルソフトの使用許諾契約などのクリエイト環境を法務に応用する一環として、リーガルグラフィックの概念を考案、提唱1しています。

法律と視覚表現

I2練馬斉藤法律事務所は、法律と視覚表現を融合するリーガル・インフォ・グラフィックス、リーガル・グラフィックスを重視しています。リーガルグラフィックスは、法律家にとって欠かせない情報伝達に言語表現のみならず、視覚表現を組み合わせるものです。

リーガルグラフィックと相性の良い法律事務業務領域

訴訟業務

訴訟は、書面の作成、書証の準備など「つくる」ことが必要な業務領域です。このような観点から、訴訟業務分野は、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京と相性の良い業務分野ということが出来ます。

講演・セミナー・勉強会講師など

視界表現を通した情報伝達を志向することから、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京とセミナーや勉強会など法律情報の伝達業務は相性が良い分野となります。リーガルグラフィックスは情報伝達にグラフィックを利用することを志向します。難解な法律問題をわかりやすく伝えるという意味で、講演・セミナー・勉強会などの業務に親和的です。

法律情報は、文章では一般の方にはわかりにくいことも多い分野です。そこで、視聴覚メディアを利用して視覚的に論点を伝えるリーガルグラフィックをとおして、セミナー・勉強会業務は、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の業務と親和的な業務分野と言えます。

セミナー・勉強会の講師をご要望の際は、お気軽にお声がけください。

コンテンツ制作

リーガル系のコンテンツ制作は、まさに、クリエイトをキーワードとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京と親和的な業務領域となります。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、「リーガルグラフィック」と事務所名にあるように、法律情報の視覚的な伝達を志向しリーガルグラフィックに取り組んでいます。

このような志向は、リーガルコンテンツの制作においても同様で、オリジナルキャラクターや図解などでわかりやすく法律情報を伝えることをリーガルコンテンツ制作の方向性としています。

リーガルグラフィックと相性の良い法律分野

知的財産権(出願・知財争訟)

知的財産権を巡る争訟において、事案の概要や争点における主張を正確に伝えるのに、リーガルグラフィックスは適しています。

IT・ウェブデジタル紛争

交通事故・各種事故など損害賠償争訟など民事訴訟

民事訴訟においてリーガルグラフィックスは裁判官・裁判所に事案の概要、争点における主張などを正確に伝えるために有用です。

刑事弁護(訟廷弁護)、刑事訴訟・裁判員裁判

リーガルグラフィックスは、刑事訴訟や裁判員裁判で、主張や事案を判断権者に正確に伝達する一助となり得ます。

リーガルグラフィックと法律事務の関係

I2練馬斉藤法律事務所では、著作権をはじめとする知的財産権案件、IT・ウェブデジタル領域紛争、交通事故などの損害賠償争訟、刑事事件その他一般民事家事など一般的な各種法律事務事件を受任しています。また、これとは別にリーガルグラフィックスと銘打った法律情報の言語表現のみならず視覚表現も融合した情報伝達を志向しています。

各種法律事務における事案処理の過程において、必要な場合リーガルグラフィックスを使用する場合がある他、リーガルグラフィックスを利用しない一般的な事件の受任、リーガルグラフィックスだけの受任、それぞれ、ご相談ください。

このように、I2練馬斉藤法律事務所では、①重点分野であるI2法務を筆頭に一般法律事務分野においてリーガルグラフィックスを利用しない一般的な事件の受任に加えて、②⑴I2法務分野+リーガルグラフィック、②⑵一般法律事務+リーガルグラフィック及び③リーガルグラフィックのみのご相談が可能です。

弁護士預り金口座

弁護士は、依頼者から実費を預かる場合や相手方から支払金などを一旦支払いを受けて預かることがあります。 例えば、相手から払われる示談金を一旦受け取って保管したり、保釈金を裁判所に納付する際など、弁護士は依頼者等からお金をお預かりすることがあります。 他にも訴訟提起の際に裁判所に手数料や郵便切手(郵券)代金を納...
コメントなし

コインハイブ事件控訴審判決と不正指令電磁的記録保管罪

仮想通貨の無断採掘、逆転有罪 東京高裁: 日本経済新聞 https://t.co/Pm84jM3ulh 少し詳しい高裁判断の報道です。 下記リンクは記事中でも触れられている、公開されている一審無罪判決の判決文です。 https://t.co/80Tvs4fRFt — 弁護士齋藤理央 (@b_saitorio...
コメントなし

二次的著作物上の著作権

二次的著作物のうえには、通常の著作権(著作権法17条)のほか、著作権法28条の権利が成立します。この二次的著作物上の著作権を巡っては、2つの最高裁判例が存在しています。奇しくも、両判例は共に漫画(マンガ)を巡って争われた事例です。そこで、本項ではマンガを例に二次的著作物と二次的著作物を客体に発生する著作権の...
コメントなし

文書提出命令

目次1 文書提出命令の申立て1.1 民事訴訟法第二百二十一条2 文書提出義務2.1 民事訴訟法 第二百二十条3 刑事事件に係る訴訟に関する書類3.1 刑事訴訟法47条3.2 刑事訴訟法第53条の2 3.3 最高裁平成15年(許)第40号同16年5月25日第三小法廷決定3.4 鑑定嘱託書・鑑定書3.4.1 令...
コメントなし

棋譜の利用と営業上の利益の保護

日本将棋連盟は、令和元年9月13日において棋譜の利用を制限する「棋譜利用に関するお願い」と題する要望文を公表し、波紋が広がっているようです。 この問題は、棋譜と呼ばれるものが何か、あるいは図面と呼ばれるものが何かを整理して論じることが有益となりそうです。 棋譜は本来、歴史上の事実である棋士と棋士の対局(ある...
コメントなし

正規品の転売と商標権侵害の成否

商標権は、正規品の転売の場合、実質的な違法性がないという論拠で商標権侵害にならないと理解されています。 目次1 並行輸入品における最高裁判所判決2 プログラムの改変と実質的違法性の阻却2.1 iPhone脱獄事件(OS(IOS)の改変)2.2 Wii事件(ファームウェアの改変) 並行輸入品における最高裁判所...
コメントなし

ダウンロード違法化を巡る著作権法改正問題について

目次1 違法に自動公衆送信される著作物の私的使用目的のデジタル方式複製の無制限違法化の建付けについて1.1 複製権(権利者以外の複製は禁止)1.2 複製とは1.3 電子データの複製とは1.4 私的使用のための複製1.5 違法に公衆送信された著作物が含まれる音及び影像の録音・録画違法化1.6 静止画等ダウンロ...
コメントなし