事務所紹介

[クリエイト]をキーワードにした法律事務所

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、`クリエイト・創ること`をコンセプト、キーワードとする法律事務所です。

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京、弁護士齋藤理央は、ウェブコンテンツのクリエイト活動などを行ない、`クリエイト`を実践しています。

クリエイトの実践は、コンテンツカテゴリー「クリエイト・レポート」でご報告しています。

https://noteoffloatisland.con10ts.com/subindex.php

また、弁護士齋藤理央のクリエイト活動の実践を反映し、I2練馬斉藤法律事務所は、クリエイトを保護する著作権法・知的財産権法、クリエイト成果物の利用を巡って問題となるコンテンツ関連法、ウェブインターネット法務などを重点分野としています。

重点分野をI2法務、あるいはコンテンツ法務と位置づけ、コンテンツ&ローカテゴリーで、情報発信をしています。

さらに、クリエイト活動から得た経験を活かし、法律事務全般について、リーガルグラフィック(法律情報の視覚的伝達)を志向しています。

このように、`クリエイト`をキーワード・カラーとするI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、重点分野である著作権法分野、コンテンツ・ICT法分野、その他一般的な法律事務、リーガルグラフィックなどにより一層精進していく所存です。

コンテンツトラブルの解決や契約問題などコンテンツを巡る紛争予防に尽力します

著作権侵害、キャラクターやストーリー、写真、の盗用などコンテンツを巡るトラブルの解決や、著作権を中心とした知的財産権などの契約問題、コンテンツトラブルの予防など、コンテンツと法律の問題を重視する法律事務所です。

コンテンツと法律の問題に留まらず、コンテンツ制作の実践をとおして得たコンテンツやコンテンツの周辺領域に関する深い知識も駆使して事案に対応するのが特徴です。法律知識に留まらない制作過程やコンテンツビジネス、その他関連知識を活かして、幅広い視点から柔軟な事案の解決を目指します。

「I2」=「著作権等知的財産権、ウェブ・デジタルの法律問題」に対応する「東京」の法律事務所です

「I2」練馬斉藤法律事務所は著作権を初めとした知的財産権及びウェブデジタルの法律問題を重点取扱分野としています。

著作権をはじめとして、商標法、意匠法などの著作権と同じ知的財産権にカテゴライズされる法律問題を積極的に取り扱っています。
さらに、著作権をはじめとした知的財産権法はインターネットやデジタルの問題も絡むことが多いことから、インターネット・デジタル分野の法律問題にも力を入れています。

著作権、インターネット・デジタル関係の法律問題、知的財産権法などについて企業や個人事業主からのビジネスに関する法律相談、依頼も積極的に承っています。

著作権とウェブ・デジタルが関連する先端法領域でI2練馬法律事務所リーガルグラフィック東京は、東京にある知的財産権法専門裁判所での訟務経験を複数有しています。

I2分野の法律問題は原則的に東日本(北海道、東北、関東、甲信越、東海、北陸)の案件については東京地方裁判所知的財産権法専門部に管轄が認められることから幅広く東京の法律事務所に相談したいという依頼者のご相談に対応したいと考えています。また、西日本の案件についても、ご相談に応じますのでお気軽にお問い合わせください。

「練馬」

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、東京都練馬区、練馬駅前徒歩一分に立地する法律事務所です。緑の多い練馬をはじめとした近隣地域の法律問題にも対応しています。

PAGE TOP