コンテンツは、多くのiP(知的財産)の集合体です。

昨今、コンテンツiP(知的財産)を通したビジネスがますます活発になっています。コンテンツを保護し、マネタイズする際に媒介になるのがコンテンツに含まれるiPを客体として成立する各種の知的財産権です。

弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、コンテンツiPを利活用したiPビジネスを法的に支援する業務を提供しております。コンテンツを巡るiPで何かお困りの際はお気軽にご相談ください。

    インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

    ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

    コンテンツと著作権

    著作権は、コンテンツiPの中でも最も重要な権利です。なぜなら、著作権はコンテンツ自体を保護する知的財産権であり、コンテンツ自体をiPとして成立する権利だからです。まさにコンテンツiPのキーを握る知的財産権と言えます。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)は、コンテンツiP法務の中核に位置する著作権法務に力を入れています。

    コンテンツと産業財産権

    その他、コンテンツを巡る各種の標識(作品タイトル、ロゴ、キャラクターなど)を商標権や不正競争防止法で保護することもコンテンツiP戦略として重要となってきます。

    また、コンテンツのバックグランドを保護するコンテンツ特許は、一度問題になればその影響は甚大です。そして、VR時代にはコンテンツ意匠も、コンテンツiPとして存在感を増してくる可能性があります。

    コンテンツとその他の知的財産権

    その他、パブリシティ権や、著作隣接権などもコンテンツに関わるiPとして重要です。

    弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)はコンテンツiP法務を提供します

    コンテンツを巡るiP(知的財産権)の問題で何かお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

      インターネットの権利侵害の場合サイトやSNSアカウントのURLをご記載ください(任意)

      ※ファイル添付の場合など直接メールをしたい場合は、メールアドレス 『  infoアットマークns2law.jp  』 までご連絡頂くことも可能です。送信の際、アットマークを@に変換してください。

      弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)のコンテンツiPを巡る情報発信

      コンテンツ関連特許を巡る業務

      コンテンツ関連発明とは、コンテンツの創作や配信に関連する技術に係る発明や技術を指しています。弁護士齋藤理央 iC法務(iC Law)では、コンテンツ関連特許を侵害された場合など、コンテンツ関連特許の紛争、契約問題などにつ […]
      TOP