クリエイト&ロー

i2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、コンテンツの実践をとおしたコンテンツの研究成果の法務への反映を特徴のひとつとする法律事務所です。クリエイトローでは、コンテンツ法務ごとのコンテンツの実践状況と実践から得られる研究成果について、レポートしていきます。

目次

キャラクター

キャラクターメイキングレポート

キャラクター関連業務案内

ストーリー

ストーリーメイキングレポート

ストーリー関連業務案内

イラスト

イラストレーション創作レポート

イラストレーション関連業務案内

ロゴ・エンブレム

システム(サイト)

サイトシステムのクリエイトレポート

関連業務案内

写真

SNSのセルフキュレーション

最近インスタグラムのセルフキュレーションに凝っています。セルフキュレーションというのは造語で、正しいインターネット用語なのかどうかはわかりません。多分、違うと思います。 つまり、自分で投稿したSNSの記事を、自分でまとめたサイトをつくることを意味します。このセルフキュレーション、結構楽しく感じています。元々...
コメントなし

グッズ販売委託サービスSUZURIの知的財産権に関する利用規約

上記のとおり、齋藤理央の個人創作したイラストデータを反映したグッズのインターネット上の委託販売を行っています。 このように、SUZURIは、ウェブ上でオリジナルグッズを委託販売できるインターネット上のグッズ販売委託サービスです。 グッズも注文があるまで実際にはつくりません。合成画像で商品イメージをつくるだけ...
コメントなし

NoFIリライト

脚本はリライトについて合意しておきましょう コンテンツの制作にあたり、リライトが生じることは一般的です。そこで、必要なリライトについて応じる範囲、対応するのは誰なのか、きちんと合意しておくことが必要です。 また、リライトは権利者の同意がなければ翻案権(著作権法27条)や同一性保持権(著作権法20条)の侵害に...
コメントなし

エフェクトをつけたイラストレーションと著作物としての分類

イラストレーションにPIXALOOP(ピクサループ)で炎のエフェクトをつけました。イラストレーションをピクサループで擬似動画化しています。 ワークスアーカイブの記事はこちらです。 実際のエフェクト付きイラストレーションの動画ファイルはこちらです。 目次1 元のイラストレーション2 ※PIXALOOP−ピクサ...
コメントなし

練馬あいしーのイラスト仕上げ作業と「作品」の時点特定機能

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京IC法務PRメインキャラクター、練馬あいしー のイラスト仕上げ作業を行いました。 スタートは、練馬あいしー のご紹介という記事で登場した上記練馬あいしー のイラストレーションです。 作業は単純で、髪型や服装などを、パースを取り直すなどして、影を適度につける、輪郭...
コメントなし

WORDPRESSプラグインの修正とその法的検討

弊所コンテンツとして、キャラクターの対話形式のコンテンツを作成してアップロードしています。 目次1 WordPressプラグインのインストール2 LIQUID SPEECH BALLOONの修正3 ワードプレスプラグインの修正は許諾されるのか4 GPLv2を踏まえた修正の検討5 ウェブサイト関連法律事務につ...
コメントなし

GIFアニメーション3−素材との関係におけるGIFアニメーションの2次的著作物性について

この記事は下記エントリで作成したGIFアニメーションを題材として素材となったイラストと、GIFアニメーションの関係を考察するエントリです。 目次1 素材となったイラストレーション2 GIFアニメーションの仕組み3 GIFアニメーションと素材の関係性4 複製・公衆送信客体の範囲5 デジタル著作権法務 素材とな...
コメントなし

キャラクターメイキングと法律トピック−パテント・トロール編−

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京PRキャラクターが登場しました。 事務所PRキャラクター“IPモンスターズ”のご紹介 https://t.co/5fZ8lAJZYO pic.twitter.com/qaN70e7Kiy — 弁護士齋藤理央 (@b_saitorio) September 11,...
コメントなし

コンテンツの実践とI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京

目次1 コンテンツを実践しコンテンツの理解を深める2 クリエイトをキーワードとする弁護士3 クリエイト・コンテンツ活動の実際4 当サイトでのクリエイト活動の報告とその目的 コンテンツを実践しコンテンツの理解を深める I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京は、コンテンツを実践しコンテンツの理解を深める...
コメントなし

GIFアニメーション2

この記事は、GIFアニメーションに関するクリエイト活動の記事で、IC法務への反映状況や、弊所IC法務の特徴を知っていただくための情報発信です。 クリエーション活動で実際に工夫したことや、そこから得たIC法務に反映すべき気付きなどを情報発信し、弊所IC法務サービスの特徴を知っていただくことなどを目的としていま...
コメントなし

GIFアニメーション

プロクリエイトで、簡単なGIFアニメーションを作成しました。プロクリエイトでは、レイヤーをつなげてGIFアニメーションの形で出力することができます。 プロクリエイトは、iPadでのドローウィングに特化したアプリケーションで、有料ですが機能面からはお釣りがくる非常に有能なアプリケーションです。 例えば、エアド...
コメントなし

NoFIキャラクターグラフィックを作成しました

著作権、知的財産権、ウェブデジタル法務、コンテンツ争訟など「IC法務」に重点を置いているI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京、弁護士齋藤理央は、物語形式のエンターテイメントデジタルコンテンツを個人で創作しています。 この創作活動は、現代型のデジタルコンテンツの制作環境の理解や、配信システムの実際、...
コメントなし

ポートレイト風デジタルイラストの手直し3

ポートレイト風デジタルイラストの手直し2 https://t.co/a1o2pBYwYT pic.twitter.com/v92PYRgLDh — 弁護士齋藤理央 (@b_saitorio) January 3, 2019 ポートレイト風デジタルイラストの手直し https://t.co/KwL79DnMM...
コメントなし

NoteChapter2ストーリー制作

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央は、ストーリー形式のデジタルエンターテイメントコンテンツ、NoteofFloatIslandを制作、配信しています。 ストーリー形式のデジタルエンターテイメントコンテンツは、ストーリー、シナリオ、キャラクター、イラスト、ウェブサイトのデザイン、サイ...
コメントなし

事務所ロゴの作成

事務所ロゴを作成しました。 ロゴに利用したグラフィックです。アプリケーションはprocreate及び、デバイスは、アイパッドプロ、アップルペンシルで作成しました。 ロゴ用のタイポグラフィーです。 実際には、ADOBE illustrator に画像を取り込んで、画像の上に文字を打ち込んでいきました。 完成し...
コメントなし

Note-ストーリーの更新

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京弁護士齋藤理央が手掛けるエンターテイメントコンテンツ、NoteofFloatIslandのストーリーを創作、随時更新しています。 更新がしばらく滞っていましたが、可能限り更新していきたいと考えています。 ストーリー創作と表現されない設定・テーマと題したエントリで...
コメントなし

顔のイラスト仕上げ

こちらの途中だった顔のイラストですが、仕上げてみました。 出来上がりのラフイメージです。こちらは、前回簡単にラフで出来上がりのイメージとして作成したものです。フードを被っているイメージでした。 今回は、フードを外しているイラストを書き上げていきました。 途中までできていた顔正面のイラストに髪型を付けてたして...
コメントなし

顔のイラスト(途中)

顔のイラストレーションを練習中です。 輪郭をとって、ひたすら濃淡をつけていきます。 あまり細かくならないように、筆は大きめのソフトブラシを使っていました。 まず、肌色で輪郭をとり、影とハイライトで、形を描写してきました。 ほお骨、おデコ、鼻など分かりやすいところから描いていきました。 その後、目や瞳など、細...
コメントなし

オリジナルデジタルストーリー「Note of Float Island」コンセプトアート群について

当ウェブサイトでは、クリエイトする弁護士齋藤理央のクリエイト・ワークを掲載しています。 また、クリエイト・ワークに至る過程をクリエイト・レポートとして掲載しています。 その趣旨としては、クリエイト活動を通して得られる知見・経験を重点分野(著作権・知的財産権・ウェブデジタル紛争などコンテンツ法務分野)の案件処...
コメントなし

全身イラスト修正2(輪郭あり)

輪郭線を描いた方が、マンガやアニメ風のイラストぽさが出て、ウェブ上で映えるという推論。 アニメやコミック風の絵柄はやはり、輪郭線があった方がそれっぽくなることがわかりました。 ただ、アニメの背景などリアル志向の絵は輪郭線がない場合もあるようです。 — クリエイトする弁護士齋藤理央 (@b_saitorio)...
コメントなし

頭身キャラクターイラスト手直し

頭身キャラクターのイラストの手直しをしました。 クリエイター活動の一環として、オリジナルウェブストーリーの登場キャラクターのイラストを、修正していきました。 仕上がりが荒く、前々から手直ししたいなと感じていました。 元のイラストですが、細部の仕上がりが荒く雑になってしまっています。 時間や技術の制約もあり、...
コメントなし

アニメ風イラストレーション(テスト)

頭身のイラストを描いていこうとして、まずは大体のラフを直で色を塗ってとっていき、徐々に形を整えていきました。 しかし、どうもイメージと違うため、色々と思案しました。 その結果、イメージしている絵柄にならないのは、ペン入れ作業を省いているからという結論に達しました。 ここでペン入れと言っているのは、いわゆる輪...
コメントなし

イラスト:上を向いた女性の顔

上を向いた女性の顔のイラストを描きました。 イラストの練習の意味合いが強いです。 コミカライズされたイラストを描くためにも、人間の顔の形状を正確につかむことは重要と考えられます。 例えば、キャラクターのイラストなんかも正確に顔の形状を知ってディフォルメしたほうが、理想的と考えられます。 そこで、顔の凹凸、顔...
コメントなし

ポートレイト風デジタルイラストの手直し2

先日のエントリ、ポートレイト風デジタルイラストの手直しは、ポートレイト風デジタルイラストの修正をレポートした記事でした。 さらに、今回は修正のレポートの2回目となります。 前回はこちらの状態のデジタルイラストを、修正していきました。 瞳の書き直しや、服の立体化などを経て、上のイラストの状態まで微調整した過程...
コメントなし

ポートレイト風デジタルイラストの手直し

ポートレイト風のデジタルイラストを手直ししました。 このウェブサイトのトップに表示されるスライダー画像の一つとして利用しているデジタルイラスト(ポートレイト)ですが、細部が荒く気になっていました。 そこで、時間が許す限り手直しをしてみました。 手直し前の画像がこちらです。 首から下や、細部などが粗く、結構手...
コメントなし

浮遊島俯瞰図のグラフィック制作2

前回も記事にした浮遊島の俯瞰図を引き続き作成しています。 デバイスは引き続きiPad Pro12.9(第2世代)にApple Pencil、アプリケーションはprocreateを使用しました。 なお、作画画面のUI(ユーザーインターフェース)は、Savage Interactive Pty Ltdのipad...
コメントなし

`萌え`系統のイラストレーション作成

イラストを描きました。 イラストは、リアル系統ではなく、コミックやアニメーション風のディフォルメ系のイラストレーションです。 いわゆる萌え系統のイラストレーションですね。 言うまでもないことですが、日本の`萌え`デザインは、世界の最先端をいく、極めてレベルの高い分野です。 コミックやアニメーション系のディフ...
コメントなし

浮遊島俯瞰図のグラフィック制作

ストーリー創作と並行してイラスト制作も少しずつでもやりたいと思っています。 やはり、描き続けない鈍ってしまうというか、実際に相当鈍っている感覚があります。 そういうことで、前から描かないといけないと思っていた、浮遊島の俯瞰図を少しずつ描いています。 イラストは本当に理屈の支配する世界なんだと感じます。 だか...
コメントなし

ストーリー創作と表現されない設定・テーマ

Note of Float Islandのストーリーを少しずつ創作、更新しています。 Note of Float Islandは、物語形式のオリジナルエンターテイメントコンテンツです。 ストーリーを更新していると、ストーリーは、様々な要素の集積だと改めて感じます。 様々な要素とは、世界観、背景、キャラクター...
コメントなし

プロクリエイト(アプリケーション)の性能

iPad+プロクリエイト+Apple Pencilでの作画の比率が多くなっています。 プロクリエイトというのは、ラスタ系画像をつくれる、作画アプリケーションです。 #プロクリエイト( #Procreate )は、https://t.co/CirqnQJWC0 が提供している #ipad 向け作画アプリケーシ...
コメントなし

ソラ頭身デジタルグラフィック

NoteofFloatIslandキャラクターソラの頭身イラストを作成しました。デバイスはアイバッドプロ、ツールとしてアップルペンシルを使用し、アプリケーションとしてプロクリエイトを使っています。まだ、描きかけなのですが、インスタグラムなどSNSとの連動を実験するためにウェブサイトやSNSにアップロードして...
コメントなし

更新情報の統合

UNIONをつかって、ナビゲーション部分のSCENE更新情報とCHARACTERの更新情報を統合しました。ナビゲーションを開いてご確認ください。そして、空いたスペースに、クリエイト制作物の更新情報を表示することにしました。タグと更新情報の順序も入れ替えて、ナビゲーション部分もだいぶすっきりしたかと思います。...
コメントなし

テーブルの結合

NOTE~のウェブサイト移転を徐々に進めています。その過程で、データベースの結合(UNION)を知りました。サイトを複数のテーブルで管理しているので、とても便利そうです。 これも、基本動作だと思うのですが、こんな簡単なことでテーブル同士を結合できたのかと、自分でも少しあきれてしまいます。また、UNIONなど...
コメントなし

チェックボックスを利用したアコーディオン式の開閉ナビゲーション

CSSでチェックボックスを利用したアコーディオンタイプのナビゲーションを、ストーリー形式のデジタルコンテンツサイトに実装しています。そのうえスマホ向けのレスポンシブウェブデザインにも対応させていきたいと考えています。 さらに、インターネットエクスプローラーでバグが出て開閉しないとか、IEは今回FIX指定した...
コメントなし

アクリル(クリア)マウント加工

写真やイラストなどを商品化する際、写真・フォトグラフやイラストレーションは、印刷のうえで、アクリルボード加工することが出来ます。 アクリル(クリア)マウント加工、フォトアクリル加工(アクリルダイフィット)は、作品の表面に透明のアクリルを圧着させ、保護させる額装手法を言います。 アクリル加工が額の役割も果たす...
コメントなし

テーミスグラフィックデジタル

先日広告グラフィックの差し替えについてエントリをアップしました。記事中でこれまで使っていた鉛筆画をいずれデジタルにしたいと言及していました。先ほど時間があったので、少し挑戦してみようと考えて挑戦してみました。 というわけで、先日の記事でデジタル化したいと書いていた鉛筆のイラストを線だけデジタル化しました。取...
コメントなし

フロートアイランドグラフィック

物語の舞台となっている浮遊島(フロートアイランド)を描きました。イヤー、岩というか山というか岩肌というか、本当に難しい。非常に練習が必要な分野だなと感じました。まあ、どの分野も大抵そうなんですが。 元になる鉛筆画です。結構前に描いたものです。立体感など誤魔化していてあまり正確でないと思います。こういう絵を下...
コメントなし

3DCGの制作について

3DCG制作にだいぶ興味を持っています。というのも、簡単でもNOTE用のウェブの素材などをアニメーションをさせる等となると、3DCGの方が効率が良いような気がするので、少し、情報収集をしたいと考えています。以下、メモも兼ねて、3DCGの簡単な制作過程やソフトの情報などを記載しています。 目次1 モデリング ...
コメントなし

角ウサギイラスト

角ウサギのイラストを作成しました。もともと、鉛筆画はあったので、液タブの練習を兼ねて、フォトショップでフリーハンドでウサギの型どりをして、イラストレーションで作成した球形を背景にあしらいました。 こちらが、下書きの角ウサギのシルエットです。だいぶ前に描いたものだったと思います。この下書きの他にも、鉛筆画のま...
コメントなし

キャラクターイラスト下書

イラストを数点追加しました。 今回は悪役中心に3点と、アシビとソラの全身カット一枚ずつ。5点中4点が鉛筆で下書きの段階ですが、少しづつ清書していきたいと思います。 悪役3人とアシビは新キャラクター(といっても1か月以上前に登場していたと思いますが・・・)です。 悪役3人はそれぞれ、普通の奴じゃつまらないだろ...
コメントなし

液晶ペンタブレット

ペンタブレット(いわゆる板タブ)、液晶ペンタブレット(いわゆる液タブ)に加えてクリエイティブタブレットの3種類があるようです。クリエイティブタブレットは所謂アイパッドの様なタブレットに液晶ペンタブレットの機能を持たせた製品を指します。現在はOSにウィンドウズを搭載したものも登場しているようです。 弊所では、...
コメントなし

更新情報へのリンク作成

旧サイトのウェブサイト上部に更新情報へのリンクを作成した際の記事です。 旧サイトコンテンツ及びブログ記事の更新情報ですが、事務所別サイトの更新情報も反映される仕組みを構築しました。 弊所の旧レンタルサーバーは、外部のデータベースには、仕様で直接接続と理解しており、別サーバーに置かれているデーターベースからは...
コメントなし

3DCGの計算

3DCGはいわゆるベクター線で像をとります。 ただし、ベクター系の2DCGとは異なり奥行という要素が加わるため、オブジェクトの方向やカメラの位置(オブジェクトと目線の位置関係)によって、ソフトウェアが自動で再計算をすることになります。 2DCGでは、このオブジェクトの方向やカメラの位置(オブジェクトと目線の...
コメントなし

光や色や影について

光は物体に吸収されますが、吸収される波形は物体によって様々です。色は、光がある物体に吸収されずに反射して網膜に届いた残存部の反射光です。したがって光のない暗闇では色を感じ取ることが出来ません。 光は光源から放射状に伸びます。したがって、光源から遠くなるほど薄くなります。逆2乗の法則というそうです。 したがっ...
コメントなし

コンテンツ制作カテゴリについて

コンテンツトラブルの解決及び予防を重視するI2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京のオウンドメディア(※1)である当サイトにおける、「コンテンツ制作」カテゴリは、コンテンツ創作の実際を記録した「クリエイト日誌」となっています。 この「コンテンツ制作」カテゴリ公開の趣旨は、コンテンツトラブルの解決と予防...
コメントなし

オリジナルストーリーと設定の重要性

小説・ライトノベルや、舞台・映画・ゲーム・アニメの脚本など、物語、ストーリーには、細かい設定が存在していることが通常と考えられます。 設定は、キャラクター設定、背景設定など、対象に応じておおまかに分類して個別に設定されることが多いと考えられます。 また、ストーリー構成・あらすじなどを捉えて、ストーリーの設定...
コメントなし

コンテンツ制作関連記事について

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京コンテンツ法務特設サイト(このサイト)では、コンテンツ制作関連の記事をアップすることがあります。 コンテンツ関連記事は弊所弁護士齋藤理央が制作するエンターテイメントデジタルコンテンツの制作過程や制作過程で得た背景知識・知見を公開するものなどです。 そうした記事は...
コメントなし

ストーリーシステムの構築

I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京の、自らもコンテンツ制作を実践することでコンテンツ法務にも反映することを志向する弁護士齋藤理央が制作する、ストーリー形式のデジタルエンターテイメントコンテンツ「NoteofFloatIsland」について、弁護士齋藤理央がストーリーシステムの構築を行ないました。...
コメントなし

Note of float island のSSL移行

MYSQLIに書き換えできました。 fetch_array(MYSQLI_ASSOC) や foreach あたり、結構構文が変わっているうえに従前のコードが全く使えなくなるということは、なかなか経験がなかったですが、 このくらいすぐに対応できないなら手を出すなということかもしれませんね — 弁護士齋藤理央...
コメントなし

モーダルウィンドウの実装とスライドショー

#事務所 #サイト に #モーダルウィンドウ をつくろうと画策中 #CSS だけでつくれるらしい。 CSSだけ(+ #html )で殆どのことができるようになっていますね。 — 齋藤理央 (@b_saitorio) 2017年12月28日 事務所サイトにモーダルウィンドウを実装したいと前々から思っていました...
コメントなし

コミックとデザイン

コミック、漫画表現が絵なのか、記号なのか、という論争があります。答えの一つは絵であり、デザインである、という帰結なのかもしれません。そして、絵とデザインはひとつの作品に混在し、どちらかに割り切れるものではないのかもしれません。つまり、混在する2つの要素の、どちらに比重がおかれているかの問題に収斂されるとも考...
コメントなし

デザイン

デザインとは、伝えることに主眼があります。この意味で、表現すること自体に枢要があるアート、芸術とは似て非なるものと捉えられます。 デザインはより商業的、社会的で、アートはより文化的、内省的といえるのかもしれません。そして、この方向づけはあらゆるクリエイトの問題に、妥当する思考整理方法かもしれません。つまり自...
コメントなし

RSS配信

NOTE OF FLOAT ISLANDのRSS2.00を作成し、配信開始しました。 RSSとは、サイトの更新情報を発信するフィードの代表的なフォーマットで、ブログ等に実装が多く見られますが、最近では一般的なサイトにもリンクが張られていることが多いようです。あと有名なフィードフォーマットはatomなどになる...
コメントなし

デザインワーク

最近、デザインに少し興味を持っています。 デザインというのは、アートではなく、情報を伝えるための非言語コミュニケーションという考え方があり、とても共感を覚えています。 つまり、自己表現ではなく、他己表現であり、情報伝達という目的を持った言語コミュニケーションを助けるための表現ということになります。 すなわち...
コメントなし

ウェブサイトと黄金比

Note of Float Islandのライセンスなどを販売するためのウェブサイトを現在準備中です。今回はCSSで行うレイアウト指定に黄金比の考え方を導入してみました。 黄金比というのは、1:約1.618の長方形(A4など普段見る印刷紙などもこの比率になっています。)が形として最もきれいという考え方で、パ...
コメントなし

NOTE OF FLOAT ISLANDに背景ページをつくりました

NOTE OF FLOAT ISLANDに,物語の背景事情を説明するページをつくりました。 別ページを作成し,背景事情一覧のページから、個別に選択していただいた項目にリンクするつくりになっています。 背景事情では世界観や設定など、ストーリーを読み進めるだけでは情報が伝わってこない部分を補足的に説明していこう...
コメントなし

NOTE OF FLOAT ISLANDの設定

NOTE OF FLOAT ISLANDを3本ほど更新しました。 新キャラを出しすぎて、イラストレーションを作成するのがまだ追いついていませんが、徐々にキャラクターも増え、話に膨らみも出てきたのではないでしょうか。 ただ、設定や背景事情についてきちんと過不足なく記載できているか、懸念している側面もあります。...
コメントなし

NOTE OF FLOAT ISLAND システム更新

NOTE OF FLOAT ISLANDのシステムを更新しました。 これまで、1つのストーリーが終了するごとにその1話の先頭にループするシステムになっていました。暫定的な処理で、次の話にスムーズに進めないため、1話が終わった後に、次の話にスムーズに進めるようにシステムを更新しました。 併せて、1話毎にCMの...
コメントなし

色の塗り直し

どうも、こちらの出来がよろしくないので、ぱぱっと色を塗り直しました。 ハイライトが派手に入りすぎていて、角度も計算されていないため全体的に散漫な印象だと推測して、全体的にハイライトを落ち着かせてみました。 少し良くなった感じがしますが、そもそもの形状の不均衡なども、色を塗ると目立ってきてしまうんだなぁと、下...
コメントなし

やはりPhotoshopは優秀!

Adobe Illustrator CC 2014単独作画から、Adobe Illustrator CC 2014とAdobe Photoshop CC 2014の併用に切り替えました。個人的には昨年の年末くらいからAdobeCCを契約してAdobe系のソフトを使い始めたので、ソフトの優秀さに驚いています。...
コメントなし

ディフォルメ

語源からは新しい意味も獲得しているディフォルメという言葉。もともとはフランス語です。 日本ではキャラクターの造形などにも用いられるデフォルメという言葉。キャラクターの造形などに用いられる場合は、簡略化という意味もありそうですが、ディフォルメの語源はフランス語のdeformeという言葉だそうです。 — 齋藤理...
コメントなし

SUZURIでオリジナルグッズ作成販売!

SUZURIでオリジナルグッズ作成販売してみました。少しご紹介します。 目次1 キャラクター大國クンシリーズ2 ロゴマークシリーズ3 その他キャラクター4 NOTEグッズ キャラクター大國クンシリーズ 5年くらい前に作成したキャラクターを引っ張り出して、グッズにしてみました。 当時府中在住で、近くに大きな神...
コメントなし

NoteーTopイラストの差し替え

デジタル画を作成して、トップ絵を差し替えました。作成といっても、前の絵の焼き直しです。   TOP絵を差し替えました。 IPADPRO、applepencil、procreateで作画しています。https://t.co/52tVwfx1jk#IPADpro + #ApplePencil は本当に...
コメントなし

色で描く

「NOTE OF FLOAT ISLAND」の更新に伴って、キャラクターのイラストを作成しています。 今回、使用ソフトは、試験的にADOBEイラストレーターCCと、ADOBEフォトショップCCを併用してみています。 これまでのイラストは、ADOBEイラストレーターCCのみで作成してきましたが、今回から、主線...
コメントなし

デジタル画グラフィック

デジタル画を作成しました。 まず別のデジタル画から作成しました。作画は、ご覧のとおりラスタライズ形式で作成していきました。こういうタイプのイラストはラスタライズ形式が適していると思います。すこし色味などが悪く、また、写実的に描きすぎて少し頬がこけてしまったり、目の下もくまみたいになっています。このあたりは色...
コメントなし